日本の不妊治療が妊娠しにくい根本的な理由 体に優しいやり方では効果を生まない

拡大
縮小

このような状況を踏まえて、前出の浅田医師は「できれば、1回の採卵で産んでもらいたい」と考え、薬の適切な使用を推奨している。不妊治療はストレスが大きいので、早く卒業して子育てを楽しんでほしいからだという。ただし、そうした方針の施設ばかりではないのが、日本の現状だ。 

自分に合った方法を選ぶために

治療する人の年齢が高くなっている今、治療できる時間も、限られている。体に優しい方法は、結果を出すまでに時間がかかるので、本当に産めない年齢に達してしまうかもしれない。

女性の体は、胎児のときに一生分の卵子が胎内で作られ、卵子の数は時間とともに減っていく一方である。卵巣に卵子の在庫がなくなってくると、その時になって排卵誘発剤をいくら使ってみても、育てる卵子がない。

どの年代でも多くの卵子を育てる排卵誘発剤を使ったほうが妊娠しやすいが、とくに差が出るのが30代だ。30代は刺激法の選択で妊娠率が大きく変わる。排卵数を増やす方針(調節刺激)で薬を使ったほうが妊娠率は高くなる。

『不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」』(講談社)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

どんな方法でも妊娠しやすい20代なら、効率より、好みで方法を選ぶという選択もあるかもしれない。しかし、医療の助けが明暗を分けることになりやすい30代は、とくに慎重になりたい。

不妊治療は薬の使用だけではなく、最初に受ける検査、受精卵の扱い、それを子宮に戻す方法なども施設によってかなり違いがある。治療を受ける人、一人ひとりが、よく考えて、科学的なことを正しく知らせようとしている情報源を探す必要がある。

将来的には、不妊治療もがん治療のように科学的な情報が国民に広く知らされ、ガイドラインの作成、拠点病院の指定などが進めば、日本の体外受精も、もっと出産できるようになるだろう。
 

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT