テニス、錦織がマリーを下して4強入り

全米オープンで快挙

 9月7日、テニスの全米オープン、男子シングルス準々決勝で第6シードの錦織圭(写真)は第2シードのアンディ・マリーを1─6、6─4、4─6、6─1、7─5で下し、4強入りを果たした(2016年 ロイター/Jerry Lai-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは7日、ニューヨークで男子シングルス準々決勝を行い、第6シードの錦織圭は第2シードのアンディ・マリー(英国)を1─6、6─4、4─6、6─1、7─5で下し、4強入りを果たした。

2014年大会以来の決勝進出を目指す錦織は、準決勝でスタン・バブリンカ(スイス)─フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

今年のウィンブルドン選手権に優勝し、リオデジャネイロ五輪の金メダルを獲得したマリーは、7大会連続で継続していた決勝進出が途切れることとなった。

関連記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。