テニス、錦織がマリーを下して4強入り

全米オープンで快挙

 9月7日、テニスの全米オープン、男子シングルス準々決勝で第6シードの錦織圭(写真)は第2シードのアンディ・マリーを1─6、6─4、4─6、6─1、7─5で下し、4強入りを果たした(2016年 ロイター/Jerry Lai-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは7日、ニューヨークで男子シングルス準々決勝を行い、第6シードの錦織圭は第2シードのアンディ・マリー(英国)を1─6、6─4、4─6、6─1、7─5で下し、4強入りを果たした。

2014年大会以来の決勝進出を目指す錦織は、準決勝でスタン・バブリンカ(スイス)─フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

今年のウィンブルドン選手権に優勝し、リオデジャネイロ五輪の金メダルを獲得したマリーは、7大会連続で継続していた決勝進出が途切れることとなった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT