近づく金融政策決定会合、再度の円安になるか

ディーラー歴20年の達人が読む為替

地中海に浮かぶキプロスは、人口約100万の小国ながら、ユーロ圏に属す。金融立国として、1人当たりのGDPも3万1435ドル(2011年)と、世界30位以内に入る。

今回の「キプロスショック」では、EUがキプロスに対する100億ユーロ(約1.2兆円)の支援のうち、条件として58億ユーロの調達を求めたことが騒ぎの発端だ。キプロスの銀行の預金社に対し、預金額の6.65%~9.9%分の預金課税を示した。

キプロスの小金融センターとしての命運は尽きた

キプロス議会は19日に預金課税案を否決、その後はロシアへの支援要請など事態は二転三転した。ようやく25日にキプロス大統領とEUとの会談で、10万ユーロ超の大口預金に多額の課税をすることなどを条件に、EUからの支援を取り付けることに成功した。

これまでは危機に陥った銀行は、国家による資本注入など税金により救済されてきた。それが今回は税金=納税者の資金ではなく、預金者の資金で救済されることになったわけだ。この納税者から預金者への「シフト」はなぜ起こったのだろうか。

次ページ狙われたキプロス
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT