近づく金融政策決定会合、再度の円安になるか

ディーラー歴20年の達人が読む為替

地中海に浮かぶキプロスは、人口約100万の小国ながら、ユーロ圏に属す。金融立国として、1人当たりのGDPも3万1435ドル(2011年)と、世界30位以内に入る。

今回の「キプロスショック」では、EUがキプロスに対する100億ユーロ(約1.2兆円)の支援のうち、条件として58億ユーロの調達を求めたことが騒ぎの発端だ。キプロスの銀行の預金社に対し、預金額の6.65%~9.9%分の預金課税を示した。

キプロスの小金融センターとしての命運は尽きた

キプロス議会は19日に預金課税案を否決、その後はロシアへの支援要請など事態は二転三転した。ようやく25日にキプロス大統領とEUとの会談で、10万ユーロ超の大口預金に多額の課税をすることなどを条件に、EUからの支援を取り付けることに成功した。

これまでは危機に陥った銀行は、国家による資本注入など税金により救済されてきた。それが今回は税金=納税者の資金ではなく、預金者の資金で救済されることになったわけだ。この納税者から預金者への「シフト」はなぜ起こったのだろうか。

次ページ狙われたキプロス
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。