「シェール革命」、石油メジャーはこう見る

仏トタルの探査・開発部門トップに聞く

われわれは、米国のLNG輸出は最大でも年間5000万トン程度だとみている。ヘンリー・ハブの価格参照は、米国からの20年間の輸入計画に関連するリスクをとろうとする企業ならば行うことができる。

しかし、ほかの新規プロジェクトはそれに影響を受けることはなく、石油価格連動の体系がこれまでLNGの売り手と買い手双方にもたらしてきた可視性と安全性を引き続き必要とするだろう。

福島原発事故直後、いち早く東電にLNGを供給

――福島第一原発事故後、日本は高価なLNGの輸入増大で苦しんでいる。日本のエネルギー問題のソリューションとしてトタルができることは何か。

LNGに関するかぎり、日本を手助けする最良の方法は、新規のプロジェクトを開発して新たな供給をもたらすことだ。トタルはLNGプロジェクトにおいて世界をリードするプレーヤーであり、LNGの主要な生産者だ。現在、9カ所の液化工場において出資または原料ガス供給を通じて関与しており、新たに3つの液化工場を建設中だ。

われわれは、日本をはじめとしたLNGの需要増大に対応すべく全力を尽くしている。日本向けを主体として、国際石油開発帝石(INPEX)とパートナーを組んだイクシス・プロジェクトやグラッドストーン・プロジェクトなど、新規LNGプロジェクトに参画している。さらに、ヤマルLNG、サビンパス、ブラスLNGといったプロジェクトも研究段階にある。今後もLNGプロジェクトで日本企業との協力関係を深めたい。

関連会社のトタル・ガス&パワー(TGP)は、福島第一原発事故以来、日本に対するLNGのスポット供給を大幅に増やしてきた。それを通じて、原発停止による天然ガス需要の増加分に日本が対応するのを支援している。また、TGPは福島事故直後の非常に重大な局面において、東京電力に対しLNGのスポット供給を行った最初の業者の1社だったことを誇りに思っている。

次ページ国際石油開発帝石との合弁は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT