ポケGOに迫り始めた「流行語大賞病」のワナ

大人気の反動が批判・不満や嘲笑を生み出す

こうした流行語大賞病にはまってしまった例として象徴的なのが、SNSのmixi(ミクシィ)です。

話題のサービスだったが……

mixiは日本におけるSNSの本命として大いに人気を集め、2006年7月には会員500万人を突破、9月には上場もしてさらに大きな注目を集め、2006年の流行語大賞のトップ10に選ばれるほど話題のサービスになりました。

一方で招待制というサービスの構造や、上場の成功に対してアンチも増える結果となっていたところに、同年10月に、mixiユーザーのトラブルが発生し週刊誌などで注目されるなど、典型的なネガティブなニュースがより大きく注目されるトラブルが発生。ブームと並行して、類似のmixiユーザーの炎上騒動が注目されるようになります。

その後、mixi側はこれらの騒動に対する対策のひとつとして、翌年に新規登録時の携帯電話メールアドレスの必須化を選択。この選択はその後、海外のユーザーやスマホユーザーがmixiに登録できないという結果を生んでしまい、mixiがFacebookに敗北した背景のひとつになったと言われています。

結果的に、少なくともGoogleトレンドのデータを見る限りmixiの検索数が2006年の話題のピークを越えることはその後ないという結果になりました。

(出所)Googleトレンド

ポケモンGOの運営会社がこれから直面するのは、リリース直後にあまりに大きな話題になってしまった結果、発生しつつある流行語大賞病のさまざまな症状ということになります。

ただ、もちろん流行語大賞病は乗り越えられない病気ではありません。

たとえばツイッターは、2010年に「~なう」が流行語大賞のトップ10入りしたように2010年に大きな話題を集め、2011年の東日本大震災においてもインフラとして活用されたことで注目されたものの、その後Facebookがビジネスマンを中心に流行した結果、特に広告業界では「終わったサービス」扱いされてしまいました。

実際には、実はツイッターは日本では若い世代を中心に底堅い人気を集めており、グーグルトレンドで傾向を見てみるとフェイスブックのほうが下火の傾向に見えるほどです。

(出所)Googleトレンド

そういう意味ではツイッターは流行語大賞病を乗り越えたということができるかもしれません。

ポケモンGOにおいて、特に日本はサービス公開時期が米国よりも後になった結果、公開前にテレビ局もネットメディアも一斉にポケモンGO公開を今か今かと取り上げたため、米国以上に凄まじい初期のスパイクが刻まれる形になりました。

米国において未だにポケモンGOがアプリのセールスランキングのトップにいるのに対して、日本ではすでにパズドラやモンストに挽回され、かなり順位が後退しているようですから、そういう意味では、流行語大賞病の反動も間違いなく米国や海外に比べて日本がいちばん大きいと思います。

ただ、一方でポケモンファンや位置情報ゲームファンが最も多いのが日本であるというのも事実です。

そもそもポケモンは、栄枯盛衰が激しいゲーム業界で20年を超えるロングセラーになった実績のある息の長いコンテンツですし、ポケモンや任天堂にはそのノウハウがあるはずです。

またポケモンGOはこれから進化していくウェブサービスであり、今実装されている機能は全体の構想のごく一部という見方もあります。

まだポケモンGOに登場していないポケモンは500種類を超えますし、事前動画で紹介されていたようなボス戦やユーザー同士のポケモン交換、地域限定ポケモンなど、様々な構想もあるようです。

私自身、こういう記事を書いておきつつ、自らも電車の中でポケモンGOを開くのが徐々に恥ずかしく感じる日々が始まりつつありますが、ポケモンGOの開発者のナイアンティックや、ポケモンや任天堂の方々には、ぜひ流行語大賞病をあっさりはねのけるような二の矢、三の矢を続けていただくことを期待したいと思います。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT