親の小言に「過剰反応」しないハートの保ち方

「依存」と「攻撃」の連鎖に苦しまないために

親のリアクションに子どもは敏感です(写真:よっし / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャ」の大野萌子です。お盆の時期いかがお過ごしだったでしょうか。

この時期を過ぎると、実は「親との問題」に関する相談が一気に増えます。帰省され、久しぶりに両親と会った方、また、近くに住んでいる場合でも、休暇の期間中、いつも以上に家族と同じ時を過ごされた方が多いからこそ生じる問題と言えます。

お互いの交流が生まれ、楽しい時間を過ごせる半面、もともとくすぶっていた問題が再燃したり、普段目を背けていた部分に向き合わなくてはならなくなったりする機会になってしまうこともしばしば。久々に会えた嬉しさもつかの間、怒りや悲しみ、不満を抱えてしまい、休暇の後までその気持ちを引きずってしまうのは避けたいところですね。

「大変ね」「かわいそう」の一言が引き起こす親子戦争

この連載の記事一覧はこちら

「結婚は?」「子どもは?」などとたしなめられるように聞かれ、辟易するという王道パターンもありますが、ふとした会話の中で、親子関係に軋轢が入ってしまうことも多くあります。

きっかけは多岐に及ぶのですが、よくあるのがこんなケースです。

母親から「○○ちゃんのところのお嬢さん、△△中学校なんだって。すごいわね~。私立に行きたいなんて言われたら、あなたのところは大変ね」と言われたAさん。腹立たしさと悲しさを覚え、反発したい気持ちを抑えられなくなったといいます。

次ページ子ども側は「単なる世間話」と受け取れない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT