『四季報』最新号で探した、V字回復200社

復活の製造業、アベノミクスに乗る企業も続々

目立つ来期低PER

足元の株価急騰で過熱感が出てきたとされる東京株式市場。それでも、日経平均が終値で1万2300円を超えた3月12日終値で見ると、増益額ランキングの中に来期のPER(株価収益率、説明は前出)が1ケタと低い企業が複数見つかった。

75位のエイチワンは来期PERが6.2倍。ホンダとの取引が多い自動車部品関連メーカーで、アンダーボディ骨格品などが主体だ。来期は北米の高水準が続く見込みで、東南アジアも伸び、中国も改善しそうだ。増産対応も安定化し、原価低減が進んで営業利益70億円超えが見えてきた。

66位のフィールズも来期PERが6.7倍と割安感が出ている。『エヴァンゲリヲン』シリーズで有名な遊技機器の企画開発会社で、円谷プロを買収するなどコンテンツ事業にも力を入れている。来期は、ずれ込んだパチンコ有力機種やパチスロの拡大がありそう。

67位のフォスター電機も来期PERが7.2倍と出遅れている。ヘッドセットの某大手スマホメーカーへの依存度が高く、その売れ行き次第な面はあるものの、車載スピーカーが堅調。円安効果も大きく営業増益が期待できそうだ。

次ページ高収益銘柄も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT