『四季報』最新号で探した、V字回復200社 復活の製造業、アベノミクスに乗る企業も続々

✎ 1〜 ✎ 36 ✎ 37 ✎ 38 ✎ 最新
拡大
縮小

目立つ来期低PER

足元の株価急騰で過熱感が出てきたとされる東京株式市場。それでも、日経平均が終値で1万2300円を超えた3月12日終値で見ると、増益額ランキングの中に来期のPER(株価収益率、説明は前出)が1ケタと低い企業が複数見つかった。

75位のエイチワンは来期PERが6.2倍。ホンダとの取引が多い自動車部品関連メーカーで、アンダーボディ骨格品などが主体だ。来期は北米の高水準が続く見込みで、東南アジアも伸び、中国も改善しそうだ。増産対応も安定化し、原価低減が進んで営業利益70億円超えが見えてきた。

66位のフィールズも来期PERが6.7倍と割安感が出ている。『エヴァンゲリヲン』シリーズで有名な遊技機器の企画開発会社で、円谷プロを買収するなどコンテンツ事業にも力を入れている。来期は、ずれ込んだパチンコ有力機種やパチスロの拡大がありそう。

67位のフォスター電機も来期PERが7.2倍と出遅れている。ヘッドセットの某大手スマホメーカーへの依存度が高く、その売れ行き次第な面はあるものの、車載スピーカーが堅調。円安効果も大きく営業増益が期待できそうだ。

次ページ高収益銘柄も
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT