『四季報』最新号で探した、V字回復200社 復活の製造業、アベノミクスに乗る企業も続々

✎ 1〜 ✎ 36 ✎ 37 ✎ 38 ✎ 最新
拡大
縮小

さらなる高収益企業、そして津波被災からの復活も

増益額ランキングの中でROEが最も高かったのが、172位の日創プロニティ。今13年8月期ROEは85%にも達する。こちらも太陽光関連だ。メガソーラー用の架台受注が急増している。前期3300万円まで落ち込んだ営業利益は今期13億円まで増える予想だ。

一方、財務内容で目立ったのが174位の大平洋金属。ステンレスの原料となるフェロニッケルで国内首位のメーカーだが、自己資本比率は93%にも達した。前期は八戸にある本社工場が津波で被災。長期の操業休止、一時は出荷ゼロにも追い込まれた。このため、11年3月期に184億円あった営業利益は、前12年3月期に1.5億円まで急減。今13年3月期は主力のフェロニッケルが国内外で復調し、9.3億円まで営業利益が上向きそうなうえ、来期は円安も追い風となり、ステンレス価格の底打ちから利益の回復が進みそうだ。

(撮影:尾形文繁)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT