『四季報』最新号で探した、V字回復200社

復活の製造業、アベノミクスに乗る企業も続々

さらなる高収益企業、そして津波被災からの復活も

増益額ランキングの中でROEが最も高かったのが、172位の日創プロニティ。今13年8月期ROEは85%にも達する。こちらも太陽光関連だ。メガソーラー用の架台受注が急増している。前期3300万円まで落ち込んだ営業利益は今期13億円まで増える予想だ。

一方、財務内容で目立ったのが174位の大平洋金属。ステンレスの原料となるフェロニッケルで国内首位のメーカーだが、自己資本比率は93%にも達した。前期は八戸にある本社工場が津波で被災。長期の操業休止、一時は出荷ゼロにも追い込まれた。このため、11年3月期に184億円あった営業利益は、前12年3月期に1.5億円まで急減。今13年3月期は主力のフェロニッケルが国内外で復調し、9.3億円まで営業利益が上向きそうなうえ、来期は円安も追い風となり、ステンレス価格の底打ちから利益の回復が進みそうだ。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT