『四季報』最新号で探した、V字回復200社

復活の製造業、アベノミクスに乗る企業も続々

3位に入った精密プラスチック加工のエンプラスも、広い意味で自動車関連の側面を持つ。株主資本比率が8割を超す好財務企業だが、液晶テレビ向けのLED光源拡散レンズが急成長しているうえ、自動車増産によるエンプラの復調もあり、大幅な利益成長が見込めそうだ。

自動車関連以外で目立ったのが、ランキング5位のメガチップス。前号から減額となるものの、ゲーム用の新規LSIが通期寄与することが、来期の大幅営業増益を支えそうだ。

ランキング上位企業のほとんどはいずれも来期のPER(株価収益率=株価÷1株当たり純利益。一般にこの倍率が低いほど株価が割安とされる)が20倍を下回り、株価に割高感は見られない。その中でも割安感が目立つのが、PER10倍割れのニッパツ。独立系の自動車部品メーカーだが、来期は自動車部品が北米やタイで続伸、HDD用精密ばねも改善、円安も追い風で最高益を連続更新しそうだ。

次ページ増益額上位は輸出関連がずらり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT