「会社が辛い」を変えるたった"3つの習慣"

打開のコツは意外なところにある

きっと、前向きな気持ちになった自分に気づくはずです。

あえて弱さをさらけ出す

最後は、「あえて弱さをさらけ出す」についてです。あなたは自分の欠点が気になりますか? あの人にはできるのに、自分にはできない……。他の人よりもここが劣っていると感じる……。でもそれは、本当にあなたの欠点でしょうか。

欠点と強みとは、反対側にあるのではありません。強みは、弱さの延長線上にあります。何もないところから、いきなり強みは生まれません。

たとえば、私の知人の中には、口べたなことを気にしている人がいましたが、彼は自分の弱みをしっかりと認識しているために、人一倍、一生懸命に伝える熱意を持っていました。それが相手にも伝わっていたために、彼が思うほどには、周囲はそれを欠点だとは感じていませんでした。声が小さいことがコンプレックスだという人もいましたが、相手に聞いてもらおうと努力することで、内容が研ぎすまされるようになっていました。その人が話し始めるとみんなが揃って耳を傾けるという強みに変えていたのです。

ですから、欠点を隠してはいけません。隠せば、それは欠点のままです。勇気を出して、あなたの欠点を自分から周りの人に話してみます。他人に話すことで、まずあなたが自分の欠点を客観的に受け入れることができます。そして、弱さをあえて他人に見せることで、あなたの自信にもつながります。

人間関係を築くうえでは、相手を否定するのはよくないといいますが、いちばんしてはいけないのが自分を否定することです。あなたが味方をしてあげないのに、どうして他人があなたの味方をしてくれるのでしょうか。周りの人と良好な人間関係を築きたければ、まずあなたが自分の味方をする必要があるのです。

実際にこのような人をよく見かけるのではないでしょうか。「自分はスポーツは全然ダメなんだ」と言う人に限って、勉強や芸術など他の面で秀でていた。「自分は細かい仕事には向いていないんだ」という人に限って、細かい仕事でもミスをせずに乗り越えていた。

自分の欠点を他人に話すことで、まず自分自身で受け止めて、そこから欠点を強みに変えていくことができるようになります。弱さも見せられるようになれば、自然とあなたの魅力も増していきます。この世の中に完璧な人はいません。すべてが強みの人は存在しません。それなのに強い面しか見せないようにすることのほうが不自然だと思いませんか。

ぜひ実践してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。