安倍首相、「マリオ」姿でリオ閉会式登場

東京大会を熱烈アピール

 8月21日、リオデジャネイロのマラカナン競技場で行われた五輪閉会式に、安倍晋三首相が人気ゲームの「スーパーマリオ」の扮装(ふんそう)で登場し、2020年東京大会をアピールした(2016年 ロイター/Stoyan Nenov)

[リオデジャネイロ 21日 ロイター] - リオデジャネイロのマラカナン競技場で21日夜(日本時間22日朝)に行われた五輪閉会式に、安倍晋三首相が人気ゲームの「スーパーマリオ」の扮装(ふんそう)で登場した。

閉会式では、4年後の2020年に五輪が開催される東京に五輪旗を引き継ぐセレモニーが行われ、競技場では君が代が流れ、グラウンドには日の丸が形作られた。

続いて東京大会に向けたパフォーマンスが始まると、映像とリンクする形でグラウンド中央に置かれた土管から、「スーパーマリオ」に扮(ふん)した安倍首相が現れるというサプライズ演出で東京大会をアピールした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT