安倍首相、「マリオ」姿でリオ閉会式登場

東京大会を熱烈アピール

 8月21日、リオデジャネイロのマラカナン競技場で行われた五輪閉会式に、安倍晋三首相が人気ゲームの「スーパーマリオ」の扮装(ふんそう)で登場し、2020年東京大会をアピールした(2016年 ロイター/Stoyan Nenov)

[リオデジャネイロ 21日 ロイター] - リオデジャネイロのマラカナン競技場で21日夜(日本時間22日朝)に行われた五輪閉会式に、安倍晋三首相が人気ゲームの「スーパーマリオ」の扮装(ふんそう)で登場した。

閉会式では、4年後の2020年に五輪が開催される東京に五輪旗を引き継ぐセレモニーが行われ、競技場では君が代が流れ、グラウンドには日の丸が形作られた。

続いて東京大会に向けたパフォーマンスが始まると、映像とリンクする形でグラウンド中央に置かれた土管から、「スーパーマリオ」に扮(ふん)した安倍首相が現れるというサプライズ演出で東京大会をアピールした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。