シンクロ日本がチームで銅、3大会ぶり

金はロシア、銀は中国

 8月19日、リオデジャネイロ五輪、シンクロナイズドスイミングのチームフリールーティン決勝を行い、95.4333点をマークした日本はテクニカルルーティンとの合計を189.2056点として3位に入り、銅メダルを獲得した(2016年 ロイター/Michael Dalder)

[リオデジャネイロ 19日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は19日、シンクロナイズドスイミングのチームフリールーティン(FR)決勝を行い、日本(箱山愛香、乾友紀子、丸茂圭衣、三井梨紗子、中牧佳南、中村麻衣、小俣夏乃、吉田胡桃、林愛子)は95.4333点をマークし、18日に行われたテクニカルルーティン(TR)との合計を189.2056点として3位に入り、銅メダルを獲得した。

日本はチームでは3大会ぶりのメダル獲得となった。

ロシアが合計196.1439点で5連覇を果たした。銀メダルは中国。4位のウクライナは188.6080点だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。