五輪バド、高橋・松友組が日本初の金獲得

女子ダブルス決勝でデンマークに勝利

 8月18日、リオデジャネイロ五輪、バドミントンの女子ダブルス決勝で、第1シードの高橋礼華、松友美佐紀組はデンマークのカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組を下し、バドミントンで日本勢初の金メダルを獲得した(2016年 ロイター/Ruben Sprich)

[リオデジャネイロ 18日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は18日、バドミントンの女子ダブルス決勝を行い、第1シードの高橋礼華、松友美佐紀組はデンマークのカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組を2─1で下し、バドミントンで日本勢初の金メダルを獲得した。

第1ゲームを18─21で落とした高橋、松友組だったが、第2ゲームは序盤からリードを奪って21─9で取り返す。第3ゲームでは16─19と厳しい状況まで追い込まれたが、そこから5連続ポイントを奪って逆転した。

高橋は「19オールくらいからはどうやって決めて、ここまで来たのか分からないくらいすごく集中していた。表情台に上がった時も本当に五輪なのかなというくらい、夢の時間だったと思うのでうれしい」とコメント。

松友は「毎年、世界選手権で期待をしてもらいながら、結果を残すことができていなかった。そういう経験が今回の五輪には生きたと思う」と話した。

女子シングルス準決勝では、奥原希望がシンドゥ・プサルラ(インド)に0─2で敗れ、3位決定戦に回った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT