マラソン、日本最高位は佐々木の16位

ケニアのキプチョゲが金メダル

 8月21日、リオデジャネイロ五輪、陸上の男子マラソンで、 佐々木悟(写真)は2時間13分57秒の16位だった。石川末広は2時間17分8秒の36位、北島寿典は2時間25分11秒の94位に終わった(2016年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[21日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は21日、陸上の男子マラソンを行い、 佐々木悟は2時間13分57秒の16位だった。石川末広は2時間17分8秒の36位、北島寿典は2時間25分11秒の94位に終わった。

エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分44秒で金メダルを獲得した。2位はフェイサ・リレサ(エチオピア)、3位にはゲーリン・ラップ(米国)が入った。

カンボジア代表の猫ひろし(本名・滝崎邦明)は2時間45分55秒で139位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT