マラソン、日本最高位は佐々木の16位

ケニアのキプチョゲが金メダル

 8月21日、リオデジャネイロ五輪、陸上の男子マラソンで、 佐々木悟(写真)は2時間13分57秒の16位だった。石川末広は2時間17分8秒の36位、北島寿典は2時間25分11秒の94位に終わった(2016年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[21日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は21日、陸上の男子マラソンを行い、 佐々木悟は2時間13分57秒の16位だった。石川末広は2時間17分8秒の36位、北島寿典は2時間25分11秒の94位に終わった。

エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分44秒で金メダルを獲得した。2位はフェイサ・リレサ(エチオピア)、3位にはゲーリン・ラップ(米国)が入った。

カンボジア代表の猫ひろし(本名・滝崎邦明)は2時間45分55秒で139位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。