マラソン、日本最高位は佐々木の16位

ケニアのキプチョゲが金メダル

 8月21日、リオデジャネイロ五輪、陸上の男子マラソンで、 佐々木悟(写真)は2時間13分57秒の16位だった。石川末広は2時間17分8秒の36位、北島寿典は2時間25分11秒の94位に終わった(2016年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[21日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は21日、陸上の男子マラソンを行い、 佐々木悟は2時間13分57秒の16位だった。石川末広は2時間17分8秒の36位、北島寿典は2時間25分11秒の94位に終わった。

エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分44秒で金メダルを獲得した。2位はフェイサ・リレサ(エチオピア)、3位にはゲーリン・ラップ(米国)が入った。

カンボジア代表の猫ひろし(本名・滝崎邦明)は2時間45分55秒で139位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。