ファラーが1万mに続き5000mでも金

2大会連続二冠を達成

 8月20日、リオデジャネイロ五輪、陸上競技の男子5000メートル決勝で英国のモハメド・ファラーが13分3秒30で優勝。1万メートルと合わせて2大会連続の二冠を達成した(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[20日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は20日、陸上競技の男子5000メートル決勝を行い、2012年ロンドン五輪の王者モハメド・ファラー(英国)が13分3秒30で優勝。1万メートルと合わせて2大会連続の二冠を達成した。

5000メートルと1万メートルでの2大会連続二冠は1972年、76年大会で達成したラッセ・ビレン(フィンランド)以来となる偉業。

ハゴス・ゲブルヒウェト(エチオピア)が銀メダル。バーナード・ラガト(米国)が銅メダルだった。2着でフィニッシュしたポールキプケモイ・チェリモ(米国)は失格となった。

男子やり投げ決勝では新井涼平が79メートル47で11位だった。トーマス・レーラー(ドイツ)が90メートル30で金メダル。

女子1600メートルリレーでは米国が3分19秒06で1996年アトランタ五輪からの6連覇を果たした。ジャマイカが銀メダル、英国が銅メダルだった。

男子1600メートルリレーでは米国が2分57秒30で金メダル。ジャマイカが銀メダル、バハマが銅メダルだった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?