ファラーが1万mに続き5000mでも金

2大会連続二冠を達成

 8月20日、リオデジャネイロ五輪、陸上競技の男子5000メートル決勝で英国のモハメド・ファラーが13分3秒30で優勝。1万メートルと合わせて2大会連続の二冠を達成した(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[20日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は20日、陸上競技の男子5000メートル決勝を行い、2012年ロンドン五輪の王者モハメド・ファラー(英国)が13分3秒30で優勝。1万メートルと合わせて2大会連続の二冠を達成した。

5000メートルと1万メートルでの2大会連続二冠は1972年、76年大会で達成したラッセ・ビレン(フィンランド)以来となる偉業。

ハゴス・ゲブルヒウェト(エチオピア)が銀メダル。バーナード・ラガト(米国)が銅メダルだった。2着でフィニッシュしたポールキプケモイ・チェリモ(米国)は失格となった。

男子やり投げ決勝では新井涼平が79メートル47で11位だった。トーマス・レーラー(ドイツ)が90メートル30で金メダル。

女子1600メートルリレーでは米国が3分19秒06で1996年アトランタ五輪からの6連覇を果たした。ジャマイカが銀メダル、英国が銅メダルだった。

男子1600メートルリレーでは米国が2分57秒30で金メダル。ジャマイカが銀メダル、バハマが銅メダルだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT