ファラーが1万mに続き5000mでも金

2大会連続二冠を達成

 8月20日、リオデジャネイロ五輪、陸上競技の男子5000メートル決勝で英国のモハメド・ファラーが13分3秒30で優勝。1万メートルと合わせて2大会連続の二冠を達成した(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[20日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は20日、陸上競技の男子5000メートル決勝を行い、2012年ロンドン五輪の王者モハメド・ファラー(英国)が13分3秒30で優勝。1万メートルと合わせて2大会連続の二冠を達成した。

5000メートルと1万メートルでの2大会連続二冠は1972年、76年大会で達成したラッセ・ビレン(フィンランド)以来となる偉業。

ハゴス・ゲブルヒウェト(エチオピア)が銀メダル。バーナード・ラガト(米国)が銅メダルだった。2着でフィニッシュしたポールキプケモイ・チェリモ(米国)は失格となった。

男子やり投げ決勝では新井涼平が79メートル47で11位だった。トーマス・レーラー(ドイツ)が90メートル30で金メダル。

女子1600メートルリレーでは米国が3分19秒06で1996年アトランタ五輪からの6連覇を果たした。ジャマイカが銀メダル、英国が銅メダルだった。

男子1600メートルリレーでは米国が2分57秒30で金メダル。ジャマイカが銀メダル、バハマが銅メダルだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT