樋口が銀、レスリング男子57キロ級

決勝で判定負け

 8月19日、リオデジャネイロ五輪、レスリングのフリースタイル男子57キロ級決勝で樋口黎(写真)はウラジーミル・キンチェガシビリに3─4で判定負けし、銀メダルとなった(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[19日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は19日、レスリングのフリースタイル男子57キロ級決勝を行い、樋口黎はウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア)に3─4で判定負けし、銀メダルとなった。

試合後樋口は、「一番になるためには自分に足りないものがある。それを見つめ直して、このオリンピックをステップにしたい」と語った。

レスリング男子はグレコローマンスタイル59キロ級の太田忍の銀メダルに続く2個目のメダルとなった。

74キロ級の高谷惣亮は3回戦でガリムジャン・ウセルバエフ(カザフスタン)に3─4で判定負けした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。