樋口が銀、レスリング男子57キロ級

決勝で判定負け

 8月19日、リオデジャネイロ五輪、レスリングのフリースタイル男子57キロ級決勝で樋口黎(写真)はウラジーミル・キンチェガシビリに3─4で判定負けし、銀メダルとなった(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[19日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は19日、レスリングのフリースタイル男子57キロ級決勝を行い、樋口黎はウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア)に3─4で判定負けし、銀メダルとなった。

試合後樋口は、「一番になるためには自分に足りないものがある。それを見つめ直して、このオリンピックをステップにしたい」と語った。

レスリング男子はグレコローマンスタイル59キロ級の太田忍の銀メダルに続く2個目のメダルとなった。

74キロ級の高谷惣亮は3回戦でガリムジャン・ウセルバエフ(カザフスタン)に3─4で判定負けした。

関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。