シンクロデュエットは乾・三井組が銅を獲得

ロシア勢が5大会連続の金メダル

 8月16日、リオデジャネイロ五輪、シンクロナイズドスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)決勝で、日本の乾友紀子、三井梨紗子組は3位に入り、日本勢2大会ぶりの銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Michael Dalder)

[リオデジャネイロ 16日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は16日、シンクロナイズドスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)決勝を行い、日本の乾友紀子、三井梨紗子組は日本勢2大会ぶりの銅メダルを獲得した。

日本は決勝で予選を上回る94.9333点を出し、15日のテクニカルルーティン(TR)との合計188.0547点で3位に入った。

ロシアのナタリア・イーシェンコ、スベトラーナ・ロマシナ組が連覇を達成。ロシア勢としては2000年シドニー大会から5大会連続の金メダル獲得となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。