いま売れているビジネス書トップ200冊

2週連続で「最強の働き方」が首位に

雨続きのこんなときこそ本を読もう!(写真:Kichigin / PIXTA)

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。8月14日~20日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版や読み放題サービスを除く)のランキングをみていこう。

首位には2週連続で『最強の働き方』が輝いた。すべてのジャンルを合わせた本全体でもアマゾン首位に輝いており、異例の売れ行きを記録しているといえるだろう。

なお東洋経済オンラインでは、この『最強の働き方』と連動した連載を開始しているが、こちらも大ヒットしている(「メモ」でバレる!凡人と一流の致命的な差メールでバレまくる「デキない人」の3大欠点資料1枚でバレる「二流で終わる人」の3大特徴話し方でバレる「永遠に二流の人」の4大欠点)。

第2位は『キリンビール高知支店の奇跡』。筆者はキリンビール元副社長で営業本部長を務めた人物。地方のダメ支店の逆転劇から、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方を学ぶことができる。4月発売以降、ずっと上位をキープしており、ベストセラー街道を邁進している。

第3位は米国のネットカルチャーを代表する雑誌「WIRED」を創刊したカリスマ編集者、ケヴィン・ケリー氏の『<インターネット>の次に来るもの』。人工知能(AI)やヴァーチャル・リアリティ(VR)など今後30年間に起こる、12の不可避なテクノロジーの潮流をまとめた。そこにあるのは「避けられないトレンドにおびえ、逆らうよりは、徹底的に利用することで、その人にとっても新たな未来が開ける」という前向きなメッセージである。なお同氏への特別インタビューはケヴィン・ケリー、「人工知能の未来」を語る孫さんガッカリ?IoT普及阻む決定的な問題で読むことができるので参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT