最新!ビジネス・経済書200冊ランキング

1位は「最強の働き方」

猛暑の中で売れているビジネス・経済書は?(写真:travnikovstudio / PIXTA)

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。8月7日~13日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

首位は『最強の働き方』。『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて21万部突破の大ベストセラーになっているムーギー・キム氏の最新刊だ。

なお東洋経済オンラインでは、この『最強の働き方』と連動した連載を開始しているが、こちらも大ヒットしている(「メモ」でバレる!凡人と一流の致命的な差メールでバレまくる「デキない人」の3大欠点資料1枚でバレる「二流で終わる人」の3大特徴)。

第2位は『キリンビール高知支店の奇跡』。筆者はキリンビール元副社長で営業本部長を務めた人物。地方のダメ支店の逆転劇から、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方を学ぶことができる。4月発売以降、ずっと上位をキープしており、ベストセラー街道を邁進している。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT