猛暑の中で売れているビジネス・経済書は何か

アマゾン週間売れ筋ランキング200冊

熱中症に注意しながら読書を楽しもう!(写真:tomos / PIXTA)

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。7月31日~8月6日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『キリンビール高知支店の奇跡』。筆者はキリンビール元副社長で営業本部長を務めた人物。地方のダメ支店の逆転劇から、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方を学ぶことができる。4月発売以降、ずっと上位をキープしており、ベストセラー街道を邁進している。

2位は『5千人の社長がすでに始めているテキトー経営』。中小企業者のファンが多い武蔵野社長、小山昇氏の最新刊だ。

3位は米国の雑誌「WIRED」を創刊したカリスマ編集者、ケヴィン・ケリー氏の『<インターネット>の次に来るもの』。人工知能(AI)やヴァーチャル・リアリティ(VR)など今後30年間に起こる、12の不可避なテクノロジーの潮流をまとめた。そこにあるのは「避けられないトレンドにおびえ、逆らうよりは、徹底的に利用することで、その人にとっても新たな未来が開ける」という前向きなメッセージ。なお同氏への特別インタビューはケヴィン・ケリー、「人工知能の未来」を語る孫さんガッカリ?IoT普及阻む決定的な問題で読むことができるので参考にしてほしい。

次ページ以降、198位までのランキングを掲載する。読みたい本探しの参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT