アマゾン「ビジネス・経済」売れ筋ランキング

首位に輝いたのは未来を占うあの本だった

8月1日夜の編集長の机の裏にある本棚の様子・・・

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。7月24日~30日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

トップはWIREDを創刊したカリスマ編集者、ケヴィン・ケリー氏の『<インターネット>の次に来るもの』。人工知能(AI)やヴァーチャル・リアリティ(VR)など今後30年間に起こる、12の不可避なテクノロジーの潮流をまとめた。そこにあるのは「避けられないトレンドにおびえ、逆らうよりは、徹底的に利用することで、その人にとっても新たな未来が開ける」という前向きなメッセージ。なお同氏への特別インタビューはケヴィン・ケリー、「人工知能の未来」を語る孫さんガッカリ?IoT普及阻む決定的な問題で読むことができるので参考にしてほしい。

2位は『99%の会社はいらない』。会社勤めで「忙しい」と感じて不満に思っている人は、自分自身の時間ではなく、他人の時間を過ごしていることが理由。自分自身の時間であれば楽しく感じるはずが、会社勤めをしていると、体調が悪くても休めない、必要のない会議に出なければならない、ムダな電話、ムダな顧客訪問がある、などの理由で、苦痛に感じ、やがて後悔する。後悔のない人生を過ごすために、会社に縛られることのない新しい働き方を提案している。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。