アマゾン「ビジネス・経済」売れ筋ランキング

首位に輝いたのは未来を占うあの本だった

8月1日夜の編集長の机の裏にある本棚の様子・・・

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。7月24日~30日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

トップはWIREDを創刊したカリスマ編集者、ケヴィン・ケリー氏の『<インターネット>の次に来るもの』。人工知能(AI)やヴァーチャル・リアリティ(VR)など今後30年間に起こる、12の不可避なテクノロジーの潮流をまとめた。そこにあるのは「避けられないトレンドにおびえ、逆らうよりは、徹底的に利用することで、その人にとっても新たな未来が開ける」という前向きなメッセージ。なお同氏への特別インタビューはケヴィン・ケリー、「人工知能の未来」を語る孫さんガッカリ?IoT普及阻む決定的な問題で読むことができるので参考にしてほしい。

2位は『99%の会社はいらない』。会社勤めで「忙しい」と感じて不満に思っている人は、自分自身の時間ではなく、他人の時間を過ごしていることが理由。自分自身の時間であれば楽しく感じるはずが、会社勤めをしていると、体調が悪くても休めない、必要のない会議に出なければならない、ムダな電話、ムダな顧客訪問がある、などの理由で、苦痛に感じ、やがて後悔する。後悔のない人生を過ごすために、会社に縛られることのない新しい働き方を提案している。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT