アマゾン「ビジネス・経済」売れ筋ランキング

首位に輝いたのは未来を占うあの本だった

8月1日夜の編集長の机の裏にある本棚の様子・・・

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。7月24日~30日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

トップはWIREDを創刊したカリスマ編集者、ケヴィン・ケリー氏の『<インターネット>の次に来るもの』。人工知能(AI)やヴァーチャル・リアリティ(VR)など今後30年間に起こる、12の不可避なテクノロジーの潮流をまとめた。そこにあるのは「避けられないトレンドにおびえ、逆らうよりは、徹底的に利用することで、その人にとっても新たな未来が開ける」という前向きなメッセージ。なお同氏への特別インタビューはケヴィン・ケリー、「人工知能の未来」を語る孫さんガッカリ?IoT普及阻む決定的な問題で読むことができるので参考にしてほしい。

2位は『99%の会社はいらない』。会社勤めで「忙しい」と感じて不満に思っている人は、自分自身の時間ではなく、他人の時間を過ごしていることが理由。自分自身の時間であれば楽しく感じるはずが、会社勤めをしていると、体調が悪くても休めない、必要のない会議に出なければならない、ムダな電話、ムダな顧客訪問がある、などの理由で、苦痛に感じ、やがて後悔する。後悔のない人生を過ごすために、会社に縛られることのない新しい働き方を提案している。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。