ベンツが「若年層」を攻略するために選んだ道

インフルエンサーとの協業に邁進中

メルセデスは、インフルエンサーとの協業により、ミレニアル世代に魅力を伝えようとしている

高級ブランドの大半が直面している大きな課題のひとつは、ブランドの高級感を失わずに、いかに若年層へアピールできるかということだ。

ドイツの高級車ブランド、メルセデス・ベンツにとって、それはつまり、インフルエンサーとコラボしてソーシャル上に魅力的なコンテンツをつくることだ。ブランドのアイデンティティを伝えるとともに、ミレニアル世代がメルセデス・ベンツに興味を持つように促せるからだ。

パルクール選手と競争

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

2016年4月、メルセデス・ベンツは、「MBフォトパス」と呼ばれるプログラムを開始した。これを通してメルセデス・ベンツは、映像作家や写真家、オオカミ犬のロキをはじめとする、約25人のインフルエンサーたちと協働。インスタグラム、フェイスブック、スナップチャット、ピンタレスト、YouTubeなどで、幅広くコンテンツを配信している。

メルセデス・ベンツとそのエージェンシーであるレイザーフィッシュは、YouTubeインフルエンサーでエクストリームスポーツを専門とする映像作家、デビン・スーパー・トランプ氏(チャンネル登録者数は約420万人)とタッグを組み、映像を制作した。障害物コースでパルクール(身体を自由に動かす鍛錬を目的としたスポーツアクティビティー)の選手やラジコンカーと競争する、2017年モデルのメルセデス・ベンツ「Cクラスクーペ」をフィーチャーした動画「The Ultimate Race!(究極のレース!)」は、現在までに230万回以上の視聴回数を獲得している。

次ページ究極のレースの舞台裏
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT