ベンツが「若年層」を攻略するために選んだ道

インフルエンサーとの協業に邁進中

メルセデスは、インフルエンサーとの協業により、ミレニアル世代に魅力を伝えようとしている

高級ブランドの大半が直面している大きな課題のひとつは、ブランドの高級感を失わずに、いかに若年層へアピールできるかということだ。

ドイツの高級車ブランド、メルセデス・ベンツにとって、それはつまり、インフルエンサーとコラボしてソーシャル上に魅力的なコンテンツをつくることだ。ブランドのアイデンティティを伝えるとともに、ミレニアル世代がメルセデス・ベンツに興味を持つように促せるからだ。

パルクール選手と競争

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

2016年4月、メルセデス・ベンツは、「MBフォトパス」と呼ばれるプログラムを開始した。これを通してメルセデス・ベンツは、映像作家や写真家、オオカミ犬のロキをはじめとする、約25人のインフルエンサーたちと協働。インスタグラム、フェイスブック、スナップチャット、ピンタレスト、YouTubeなどで、幅広くコンテンツを配信している。

メルセデス・ベンツとそのエージェンシーであるレイザーフィッシュは、YouTubeインフルエンサーでエクストリームスポーツを専門とする映像作家、デビン・スーパー・トランプ氏(チャンネル登録者数は約420万人)とタッグを組み、映像を制作した。障害物コースでパルクール(身体を自由に動かす鍛錬を目的としたスポーツアクティビティー)の選手やラジコンカーと競争する、2017年モデルのメルセデス・ベンツ「Cクラスクーペ」をフィーチャーした動画「The Ultimate Race!(究極のレース!)」は、現在までに230万回以上の視聴回数を獲得している。

次ページ究極のレースの舞台裏
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT