「秋以降の就活」は隠れた優良企業探しの好機

4年生の就活生へ!あきらめるのは早すぎる

売り手市場の時に内定がないのはつらいが、多くの企業が採用活動を継続していることを忘れてはならない(写真:EKAKI/ PIXTA)

 いよいよ、2017年卒生たちの正式内定日まで、あと1カ月ほどになりました。面接選考解禁が前倒しになった今年の就活はスタートダッシュ傾向が強く、内定率は7月時点ですでに7割。それだけに、現在就職活動をしている学生やその関係者は、周囲を見て焦りや不安を感じていることでしょう。

しかし、そんなみなさんに知ってほしいのは、今まさに採用活動を実施・継続している企業が、多数あるということです。私たちの就職エージェントサービスは4000社以上の企業にご利用いただいており、いわゆる「非公開求人」を預かることもあります。そうしたサービスを担当する立場から見えてくる「秋以降の就活」について、お話ししたいと思います。

採用活動を実施・継続している企業は3タイプ

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

今、採用活動を実施・継続をしている企業を見ると、大きく3つのタイプに分けられます。

① これから採用活動を始める企業

意外に思われるかもしれませんが、この時期から採用活動を始めようという企業は、一定数存在します。規模の大きな企業ばかりではありませんが、しっかりとした個性を持った企業が多いようです。

この時期から採用活動をスタートする方が、自社に本当に合致した学生を採用できる、という考えのもとに、夏以降の採用活動を定例化しています。こうした企業は学生の個性や学生が就職活動で得た気づきを尊重する傾向があります。

② 3月にスタートしたものの、充足しきっていない企業

中規模から準大手企業に多いのですが、優良企業であるにもかかわらず、一般消費者向けの製品を扱っていないために学生からの認知度が低く、学生集めに苦戦するところは少なくありません。こうした企業は採用数が予定に到達せず、採用活動を継続しています。

次ページ内定式前に辞退者が出て予定人数未達の企業も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT