就活後半に選んだ「就職人気ランキング」300

17年卒就活生、面接後に好評だった本命企業

前半ランキングで上位を独占した金融業は、順位の変動はあるものの後半でも堅調な人気を保った。6位野村證券、7位大和証券グループ、8位損保ジャパン日本興亜、10位日本生命保険と、三菱東京UFJ銀行やみずほフィナンシャルグループを含め、トップ10に金融が6社ランクインしている。

9位の明治グループ(明治・Meiji Seikaファルマ)は前半から2ランクアップし、トップ10入りした。前半に引き続き理系ではトップで、さらに男子の順位が33位から13位に上昇している。

後半は商社が復調、観光関連も上位に

前半ランキングとの違いで見ると、15位三菱商事(前半31位)、16位伊藤忠商事(前半17位)、17位三井物産(前半42位)、26位住友商事(前半62位)と商社の復調が目立つ。三菱商事は男子の1位になっている。前半ランキングの調査タイミング(2~4月)では、資源安の影響で業績の赤字転落を発表する商社が続出、学生に嫌気されたが、企業研究等を通して長期的な影響は少ないと判断したのだろう、後半では見直された。

また、運輸業や旅行業など観光に関連する企業が上位に名を連ねている。トップのJTBをはじめ、12位に前半33位だった東日本旅客鉄道(JR東日本)、34位に前半71位の東海旅客鉄道(JR東海)がランクされている。さらに35位の日本旅行も、前半89位からかなり順位を上げている。訪日外国人数は年間2000万人を超す勢いとなっており、観光に関連する企業の成長余地を、就職活動を通して学生は感じとったのかもしれない。

そのほか、前半から大きく順位を上げた企業として、13位電通(前半35位)、24位コクヨ(前半52位)、25位資生堂(前半58位)、43位日立製作所(前半136位)などが挙げられる。

次ページ就職人気ランキング 1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。