「撮りっぱなし」デジタル写真を整理する方法

実はテレビを使えばサクサク!

写真の保存先として注目したいのがインターネット上の「オンラインストレージ」だ。ただし、これらサービスは容量制限があったり、写真が一定サイズに縮小されるなどの制限があることが多い。いちいち写真を選んでアップロードするのは写真保存の「時短」にはならないし、写真のサイズが小さくなってしまうようでは、保存先としては不適切だ。

容量無制限でネットに保存、テレビで見る

Amazon「Fire TV Stick」(実勢価格4980円)

Amazon「プライム・フォト」は写真の保存容量が無制限で、さらにオリジナル画質のままで保存できる。これはプライム会員(年額3900円)なら追加料金なしで利用できるサービスで、写真の保存容量は無制限。撮影したサイズのままで保存でき、大容量のRAWデータの保存にも対応している。

スマートフォンに専用アプリを入れておけば、Wi-Fi接続時に自動的に撮影した写真をアップロードしてくれる。いちいち写真を選んでコピーするといった手間も不要なのだ。

デジタルカメラで撮影した写真を保存するには、パソコンかスマートフォンなどを介する必要があるが、保存容量は無制限なのでメモリカード内の画像を丸ごとコピーしてしまえばいい。

「プライム・フォト」に写真を保存しておけば、自宅以外のパソコンからでも閲覧できる。「Fire TV Stick」(実勢価格4980円)などのUSBユニットを利用すればテレビ画面に写真を表示できるので、「Fire TV Stick」さえ持ち歩けば、実家のテレビでも写真が見られるというわけだ。

ネット上への写真保存サービスでは、容量制限やサイズ制限ががなく、さらにPCレスでも閲覧できる「Amazonプライム・フォト」が便利なのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT