「悔しい気持ち」、レスリング太田忍が銀

グレコローマンスタイル59キロ級決勝

 8月14日、リオデジャネイロ五輪、レスリングの男子グレコローマンスタイル59キロ級決勝、太田忍は2015年世界王者のイスマエル・ボレロモリナに敗れ、銀メダル(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[14日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は14日、レスリングの男子グレコローマンスタイル59キロ級決勝を行い、太田忍は2015年世界王者のイスマエル・ボレロモリナ(キューバ)に敗れ、銀メダルだった。

太田は第1ピリオドで投げと連続技で6点を失うと、第2ピリオドで8点差をつけられ、テクニカルフォールで敗れた。

試合後、太田は「悔しい気持ちですね。金しか狙っていなかったので。もう一回、日本に帰ってしっかり練習したい。プレッシャーはあまり感じなくて、緊張もしなかったんですけど、本当にここで優勝して、金メダルを獲得したいという思いでやってきました」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。