「悔しい気持ち」、レスリング太田忍が銀

グレコローマンスタイル59キロ級決勝

 8月14日、リオデジャネイロ五輪、レスリングの男子グレコローマンスタイル59キロ級決勝、太田忍は2015年世界王者のイスマエル・ボレロモリナに敗れ、銀メダル(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[14日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は14日、レスリングの男子グレコローマンスタイル59キロ級決勝を行い、太田忍は2015年世界王者のイスマエル・ボレロモリナ(キューバ)に敗れ、銀メダルだった。

太田は第1ピリオドで投げと連続技で6点を失うと、第2ピリオドで8点差をつけられ、テクニカルフォールで敗れた。

試合後、太田は「悔しい気持ちですね。金しか狙っていなかったので。もう一回、日本に帰ってしっかり練習したい。プレッシャーはあまり感じなくて、緊張もしなかったんですけど、本当にここで優勝して、金メダルを獲得したいという思いでやってきました」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。