「悔しい気持ち」、レスリング太田忍が銀

グレコローマンスタイル59キロ級決勝

 8月14日、リオデジャネイロ五輪、レスリングの男子グレコローマンスタイル59キロ級決勝、太田忍は2015年世界王者のイスマエル・ボレロモリナに敗れ、銀メダル(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[14日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は14日、レスリングの男子グレコローマンスタイル59キロ級決勝を行い、太田忍は2015年世界王者のイスマエル・ボレロモリナ(キューバ)に敗れ、銀メダルだった。

太田は第1ピリオドで投げと連続技で6点を失うと、第2ピリオドで8点差をつけられ、テクニカルフォールで敗れた。

試合後、太田は「悔しい気持ちですね。金しか狙っていなかったので。もう一回、日本に帰ってしっかり練習したい。プレッシャーはあまり感じなくて、緊張もしなかったんですけど、本当にここで優勝して、金メダルを獲得したいという思いでやってきました」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。