男子競泳リレーは米が五輪新で金、日本5位

英国が銀メダル、オーストラリアが銅メダル

 8月13日、リオデジャネイロ五輪、競泳の男子400メートルメドレーリレー決勝で米国が3分27秒95の五輪新記録で優勝した(2016年 ロイター/Dominic Ebenbichler)

[13日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は13日、競泳の男子400メートルメドレーリレー決勝を行い、米国(ライアン・マーフィー、コディ・ミラー、マイケル・フェルプス、ネーサン・エイドリアン)が3分27秒95の五輪新記録で優勝した。

この五輪で最後と表明しているフェルプスは自身通算23個目の金メダルを獲得した。

英国が銀メダル、オーストラリアが銅メダルだった。入江陵介、小関也朱篤、藤井拓郎、中村克で臨んだ日本は3分31秒97で5位だった。

女子400メートルメドレーリレー決勝も米国が金メダルを獲得した。銀メダルはオーストラリア、デンマークが銅メダルだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ホンダとGMが提携拡大<br>露呈した自前主義の限界

ホンダが米GMとの部分提携を大幅に深化させ、北米事業の幅広い分野での包括提携に踏み出しました。最大の目的は、低空飛行が続く4輪事業の収益改善。新型コロナによる事業環境の悪化も提携拡大を後押ししました。

東洋経済education×ICT