男子競泳リレーは米が五輪新で金、日本5位

英国が銀メダル、オーストラリアが銅メダル

 8月13日、リオデジャネイロ五輪、競泳の男子400メートルメドレーリレー決勝で米国が3分27秒95の五輪新記録で優勝した(2016年 ロイター/Dominic Ebenbichler)

[13日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は13日、競泳の男子400メートルメドレーリレー決勝を行い、米国(ライアン・マーフィー、コディ・ミラー、マイケル・フェルプス、ネーサン・エイドリアン)が3分27秒95の五輪新記録で優勝した。

この五輪で最後と表明しているフェルプスは自身通算23個目の金メダルを獲得した。

英国が銀メダル、オーストラリアが銅メダルだった。入江陵介、小関也朱篤、藤井拓郎、中村克で臨んだ日本は3分31秒97で5位だった。

女子400メートルメドレーリレー決勝も米国が金メダルを獲得した。銀メダルはオーストラリア、デンマークが銅メダルだった。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。