東大出身者がピアノ愛好家の頂点に立つ理由

大人を燃えさせる「アマチュアピアノ」の世界

確かに“教養としての音楽”という言葉はとても魅力的だ。これこそがアマチュアピアニストに最も相応しい言葉のように感じられる。さて、竹本さんたちアマチュアピアニストは、日々どのような活動をしているのだろう。

「アマチュアピアニスト界にはSNSを活用したサークルが数多く存在します。私の場合は、《アマコンに出よう》《アマチュアのためのショパン・エチュード研究会》という2つのサークルに参加していて、Facebookのグループ機能や、mixiのコミュ機能で練習会の募集を行っています。音響の良いホールのすばらしいピアノを使って練習することは私たちのあこがれです。これはその費用を分散するための方策です。特に公共ホールは使用料が安いうえに地区優先がありますので、借りたいホールの地区住民を勧誘することは必須です(笑)

一度ホールで弾いてしまうと、癖になって後戻りできないから困ったものです。個人的にはレンタルスタジオもよく使いますね。1時間1200円から2000円くらいでグランドピアノ付きのスペースが借りられるので便利です。最近は楽器を演奏する人が増えているので、ピアノ付きのカラオケボックスもあるようです」

“聴く派”と“弾く派”の大きな違い

いやはやすごい。“聴く”を重視したピアノファンとはまったく別の、“弾く”に重きを置いたピアノファンの世界がこれほどまでに広がっているとは驚きだ。“聴く派”がコンサートやCDなどの音源に興味を持つように、彼ら“弾く派”は楽譜や楽器にことさら強い興味を持つのだという。もちろんピアノというキーワードの下、興味の対象が重なる部分もたくさんあるのだろうけれど、その違いは想像以上に大きそうだ。

プロとアマチュアの違いについて改めて考えてみると「人に受け入れられることを重視してピアノを弾いているのがプロで、自分の喜びのために弾いているのがアマチュアです。アマチュアピアニストの位置付けは“愛好家”ということですね」と語った竹本氏の言葉が心に残る。その竹本氏、所沢市民文化センターで開催される《ミューズオルガンスクール》にも通いたいのだという。こちらは、大ホールに備え付けられたオーストリア・リーガー社製の豪華なパイプ・オルガンを使った発表会に参加できるから、というのがその理由。確かに大ホールのオルガンを演奏している自分の姿を想像すると、参加したくなる気持ちも理解できる。何とも素敵な“愛好家人生”だ。

一般家庭には今も数多くのピアノが眠っていることだろう。これはまさに高度成長期の文化遺産。“ピアノ売ってちょうだい”なるCMが頻繁に流れることにも納得だ。その昔ピアノを習っていたあなた。もしご自宅に使っていないピアノがあるならば、久しぶりにピアノのふたを開いて鍵盤に触れてみてはいかがだろう。もしかしたら、そこから素敵な“愛好家人生”の幕が開くのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT