米国の住宅市場、回復支える“意外な主役”

景気・経済観測(米国)

その点で最近注目されているのが、米消費者金融保護局(CFPB)が今年1月に発表した、新たな住宅ローンの規制の内容である。

新たな規制では、貸し手となる金融機関が借り手の返済能力を確認し、ローンの規模や期間、手数料などで一定の条件を満たす「Qualified Mortgage(適格ローン)」を組成すれば、当該ローンがデフォルトした際に、金融機関の責任が免除されることとなった。これまでは、「適格ローン」の条件や、デフォルトの際の責任の所在が曖昧であったが、今回の規制内容の発表によって、そうした曖昧さが払拭された格好だ。

金融機関の訴訟リスクを軽減

一般的に、新たな規制の導入は、当該市場の拡大を抑制する要因となりかねない。しかし、今回発表された規制は、金融機関の訴訟リスクを軽減するという点で住宅ローンの貸出を促進するとの見方も多い。そうなれば、住宅販売の回復を後押しする要因となる。

同規制が施行されるのは来年1月とまだ先のことだが、金融機関は規制の影響を先取りして行動する。金融機関の貸出態度にどのような変化がみられるのか、今後の住宅市場の動向を占ううえで、非常に注目している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>「組合介入」を許した経営

国鉄時代、管理職を組合員が「吊るし上げる」場となり、職場を荒廃させた「現場協議」。これをひそかに復活させていたJR北海道。元社長自殺の引き金になった可能性がある。