欧州人のハンパない、歴史と伝統の"売り方"

コンセプトだけで売る、それくらいの力がほしい

キャシャレルに限らず、ヨーロッパのブランドには、すべてコンセプトとストーリーがある。手塚さんは、「目に見えないものを売る」手法は、日本でも応用できるのではないかと考える。

「ヨーロッパの歴史と伝統を、いかにブランド価値に昇華させるか。そして、それをいかにして顧客に「体験」として売るか、を教えてくれた授業でした。

ヨーロッパって、観光にしてもファッションにしても、歴史と伝統のマネタイズが異常にうまい。ヨーロッパの国同士で競争をしながら、国をブランディングしてきた結果ではないでしょうか。このマーケティング手法を日本にも生かせないかと思っています」 

製品を作る前に、コンセプトを売る!

ブランドマーケティングに魅せられた手塚さんは、2012年夏、ロンドンビジネススクール(LBS)の卒業生が創業したベンチャー企業でインターンとして働くことにした。インターンシップではなるべく、未経験の分野に挑戦してみたかったという。

「日本国外」「ベンチャー」「ブランド」というキーワードで、LBSのウェブサイトで求人企業を探してみると、「ディグビー・ファイン・イングリッシュ社」というベンチャー企業が目に留まった。

コンセプトしかない状態からスタートしたディグビー社のスパークリングワイン

勤務地はロンドンで、ベンチャー企業。しかも、イギリス製のスパークリングワインを売る会社だ。お酒好きの手塚さんには、たまらなく魅力的だった。同社は、アジアでのスパークリングワインの需要を市場調査するLBSの学生を探していた。

面接を受けてみたところ、合格。2012年8月に、1カ月ほど働くことになった。インターンとして採用されたのは、手塚さんと、同級生の中国人女性だった。

ディグビー社の共同経営者は、トレバー・クロフさん(38)。2005年にLBSを卒業し、オラクルなどのIT企業を経て、2012年に同社を創業した。

インターンシップを始めて、まず驚いたのが、「本当に何もないところから始めていた」こと。同社のウェブサイトを見てみると、確かに「OUR STORY」しか、載っていない!(そのサイトはこちら→

決まっているのは、「英国らしさ」をブランドにして、シャンパンに負けぬほどスパークリングワインを売ることだけだった。

次ページ製品すらなかったのに…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT