アップル、バグ発見者に報奨金最大20万ドル

当初は20人強に限定

 8月4日、米アップルは、自社製品のセキュリティー上のバグを発見した開発者に対して最大20万ドルの報奨金を支払う制度を導入する。写真はニューヨークで7月撮影(2016年 ロイター/Andrew Kelly)

[ラスベガス 4日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、自社製品のセキュリティー上のバグを発見した開発者に対して最大20万ドルの報奨金を支払う制度を導入する。ラスベガスのサイバーセキュリティー会議「ブラック・ハット」で4日に発表する予定だが、それに先立ちロイターに計画の詳細を明らかにした。

プログラムの参加者は当初は、アップル製品のバグ発見にこれまでに協力したことのある開発者から選ばれた20人強に限定するという。

米企業では、AT&T<T.N>、フェイスブック<FB.O>、グーグル<GOOGL.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、テスラ・モーターズ<TSLA.O>、ヤフー<YHOO.O>などもバグ発見について同様の報奨制度を設けている。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。