アップル、バグ発見者に報奨金最大20万ドル

当初は20人強に限定

 8月4日、米アップルは、自社製品のセキュリティー上のバグを発見した開発者に対して最大20万ドルの報奨金を支払う制度を導入する。写真はニューヨークで7月撮影(2016年 ロイター/Andrew Kelly)

[ラスベガス 4日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、自社製品のセキュリティー上のバグを発見した開発者に対して最大20万ドルの報奨金を支払う制度を導入する。ラスベガスのサイバーセキュリティー会議「ブラック・ハット」で4日に発表する予定だが、それに先立ちロイターに計画の詳細を明らかにした。

プログラムの参加者は当初は、アップル製品のバグ発見にこれまでに協力したことのある開発者から選ばれた20人強に限定するという。

米企業では、AT&T<T.N>、フェイスブック<FB.O>、グーグル<GOOGL.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、テスラ・モーターズ<TSLA.O>、ヤフー<YHOO.O>などもバグ発見について同様の報奨制度を設けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT