アップルが建設中の新社屋はこうなっている

最新のAppleStoreは、まさに"アップル製品"

5月21日、サンフランシスコのユニオンスウエアにオープンした新コンセプトの店舗「Apple Union Square」。これはアップルの新本社にもつながっていくデザインだ(筆者撮影)

アップルは、クパティーノ市内に、新社屋であるApple Campus 2を建造中だ。2016年3月にキャンパスの横から撮影した写真では、巨大なガラスの壁面をはめ込んでいる作業が進行していた。また、6月14日に同じク パティーノ市の丘の上にあるRidge Vinyardsというワイナリーから撮影したが、建物の構造はほとんどできているように見えた。

このアップル新本社の、いわばパイロットデザインと考えられる店舗がある。5月21日に、サンフランシスコにあったApple Storeを移転してオープンさせた「Apple Union Square」だ。

市内の観光の中心地で1番のショッピング街でもあるユニオンスクエアに面した店舗こそが、アップルによる最新の「製品」だった。この「Apple Union Square」と、その先にある新キャンパスの様子について詳細にリポートしていこう。

MacBookが宙に浮いているような構造

2F部分を支える柱はなく、奥から細くなっていく床面が浮いている構造。MacBookが浮いているようなデザインだ

アップルの小売店は、米国の小売チェーンで最も高い床面積あたりの販売額を誇り、つねに人であふれる。大規模専門店がネットショッピングに置き換えられていく中で、「成功した小売店」のほぼ唯一のモデルを体現している。

Apple Union Squareは、世界に479店舗を構えるApple Storeの最新コンセプト店舗に当たる。建物のデザインはフォスター+パートナーズ。これまでもトルコや中国などのApple Storeをともにデザインしているアップルのパートナーだ。コンセプトは、「街と調和し、人々の体験を日々与え続ける新鮮な場所」だ。

次ページジョナサン・アイブのこだわりとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT