「四季報」発売前に買いたくなる銘柄は?

もうけたい投資家必読!「矢印投資法」

さて、春号の矢印がどうなるか、現時点ではわかりませんが、「5つの矢印」の向きごとに、場合分けをして、投資戦略を考えてみましょう。

「上向き2つ」:株価は大きく反応する可能性が高い
 「上向き1つ」:株価は反応、上昇トレンドへ。買いで参戦したい
 「横ばい」:現在のトレンドが継続か。次号に期待して先回り買い参戦も
 「下向き1つ」:上昇トレンドにあるなら、ボックス圏に移行する可能性も
 「下向き2つ」:株価は、下降トレンドに移行する可能性が高い

春号の矢印の向きによっては、この一覧の銘柄から大化け出世株が出るかもしれせんね。このように、四季報が発売される3カ月ごとに矢印の向きを予想すれば、短中期での「株式投資ライフ」が楽しめます。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
金正恩 経済再建の野望

米朝首脳会談を実現した北朝鮮。経済再建にも取り組み、中国、韓国との関係改善を進めるが、前途多難。非核化が進まないかぎり、経済制裁は解除されない。非核化の本気度は?