エンジニアはポケモンGOで遊んでいません!

あくまで研究しているんです

7月22日の日本リリース初日から大ブームとなった「ポケモンGO」。皆さん、レベルはどこまで行きましたか?

モンスターを探しに実際に外に出て歩き回る。そうして見つけたモンスターがレアリティの高いモンスターだったらとてもうれしいですよね。

ですがこのゲーム、システムエンジニアの間では別の視点で見られています(というか半分は言い訳ですけど)。

「このアプリ、テストはちゃんとしたのかな?」

「ログイン前に落ちてしまうとかありえんなあ!」

「しかもよく固まって動かなくなるし、かなり完成度低くないか?」

「なんか遊んでいるうちにどんどん遅くなっていかない?パフォーマンステストしていないんじゃないか?」

「ゲームのUX(ユーザー・エクスペリエンス)ってもっと洗練されるもんじゃないの?」

初回リリース版では、表示されている道路が実際の道と全然違っていたり、途切れてしまっていたり、いろいろなことが起きています。アクセスが集中していてログインエラーが出ることもしばしば。「品質どうなっているんだ!」なんて、日夜テストやプログラムのデバックに明け暮れているエンジニアは文句を言いたいようです。

とはいえ、このゲームは全世界で大ヒット。高い品質を保つために時間をかけてテストコードを用意して、それとは別に結合テストを入念に行っているエンジニアから見たら、ちょっと複雑な心境です。

そんな心境でも、やっぱりポケモンGOをプレイしてしまう。

「売れるアプリの研究をしているんです」「最新のUXの研究のためには一応、やりきらないとダメでしょう」と言い訳しつつ、ずっとプレイしているようです。

いやはや、いろんな意味ですごいゲームです。でも皆さん、そろそろ仕事に戻ってください!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT