スマホ利用者の4割がポケモントレーナー!

この異常人気はどこまで続くのか?

意外に「歩きスマホ」をしている人は少ない?(撮影:今井康一)

7月22日に日本でも配信が始まったスマートフォンゲーム「ポケモンGO」。夜の公園に多くの「ポケモントレーナー」が集まる姿は壮観であり、絵柄としては、まさに社会現象だ。

調査会社であるMMD研究所が7月26日に公表した「ポケモンGOの利用実態調査」から浮かび上がったのも、そうしたフィーバーぶりを裏付けるものだ。

39.0%ものスマホユーザーが遊んでいる!

同調査は15歳から69歳の男女に対して7月25~26日に聞き取りを実施し、1949人から有効回答を得たというもの。調査によると、ポケモンGOの存在を知っているとの回答は92.6%に達し話題性の高さを裏付けた。

ポケモンGOを知っており、スマートフォンを利用していると回答した1453人のうちダウンロードしてプレイした人も39.0%にのぼる。これは驚異的な比率と言えるだろう。ダウンロードしたものの遊んではいない、との回答は3.7%に過ぎなかった。つまり、ほとんどの人が実際に遊ぶ目的でダウンロードしている、ということだ。

年代別に見ると、「プレイした」と回答した比率が最も高いのは15〜19歳で51.2%。年齢層が上がるにつれてこの比率は低下し、60〜69歳では15.3%にとどまった。ポケモンが1990年代以降にヒットしたキャラクターであることを考えれば、当然と言える。

次ページ「歩きスマホをした」は34.0%
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT