キリンの首が長いのは「仕様だから」なのか

エンジニアが大好きなマジックワード

ぼへちゃんの課長さん、夏休みにお子さんと動物園に行きました。

まだ小さいお子さんは、好奇心たっぷりのお年頃です。動物園で実際に見る動物たちに興味津々。普段、街中で見る犬や猫とはまったく違う動物たちを間近に見られて、とてもうれしそうです。

そして、いろいろなことをお父さんに聞いています。

首がとても長く、ひと際目立つキリン。「どうしてあんなに首が長いの?」子供なら誰しも思う自然な疑問。でも課長の答えは、たった一言。「仕様だな」。

同じところを行ったり来たりするシロクマをみて疑問に思った息子さんに対する答えも「そういう仕様だからね」。

ちょっと待ってください。その答えでは、何も説明できていません。というか、わからないのを「仕様」の一言でごまかしているようです。

しかし、そこはさすが課長の息子です。「どういう仕様なのか具体的に説明してね」。「仕様」という言葉で片づけられたからといって、そのまま引き下がったりはしません。

こういうマジックワードの乱発は控えましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。