最初に買ったパソコンの記憶は鮮烈だ

X1?PC88?懐かしい名前が次々と

ぼへちゃんの会社の事務員さんがパソコンの相談にやってきました。甥っ子が初めてパソコンを買うことになったとか。どんな機種が良いのか相談にやってきたようです。

「初めてのパソコンかぁ~」と、ぼへちゃんがつぶやくと、周りのエンジニアが集まってきました。

「僕の最初のマシンはX1 turbo Z IIだったなぁ」

「俺はPC88だったよ」

「僕はMacintosh LC IIでした」

なんか聞き覚えのないマシン名が次から次へ。ひょっとしてこれ、皆がその昔、最初に買ったパソコン? いや、違うんです。これから買うパソコンの話をしているんです!

が、時すでに遅し。パソコン昔話で皆さんヒートアップ! X1派にPC98派、はたまた昔のMacintoshの話で盛り上がる職場。HDDが40MBとかメモリが2MBとか、今のパソコンからは考えられない低スペックな数字が次から次へと。でもこの数字が当時の最高スペックでした。

ですが、上には上がいるものです。職場のベテランエンジニアの初めてのマシンは「HP9825A」。小さいディスプレイにプログラムのソースコードが1行しか表示されないという今では考えられない使いづらそうなマシン。こんなもので本当にプログラムが組めるのでしょうか。

――と、過去のパソコン話で盛り上がってしまいましたが、これから買うパソコンの話、結局どうなってしまったんでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。