最初に買ったパソコンの記憶は鮮烈だ

X1?PC88?懐かしい名前が次々と

ぼへちゃんの会社の事務員さんがパソコンの相談にやってきました。甥っ子が初めてパソコンを買うことになったとか。どんな機種が良いのか相談にやってきたようです。

「初めてのパソコンかぁ~」と、ぼへちゃんがつぶやくと、周りのエンジニアが集まってきました。

「僕の最初のマシンはX1 turbo Z IIだったなぁ」

「俺はPC88だったよ」

「僕はMacintosh LC IIでした」

なんか聞き覚えのないマシン名が次から次へ。ひょっとしてこれ、皆がその昔、最初に買ったパソコン? いや、違うんです。これから買うパソコンの話をしているんです!

が、時すでに遅し。パソコン昔話で皆さんヒートアップ! X1派にPC98派、はたまた昔のMacintoshの話で盛り上がる職場。HDDが40MBとかメモリが2MBとか、今のパソコンからは考えられない低スペックな数字が次から次へと。でもこの数字が当時の最高スペックでした。

ですが、上には上がいるものです。職場のベテランエンジニアの初めてのマシンは「HP9825A」。小さいディスプレイにプログラムのソースコードが1行しか表示されないという今では考えられない使いづらそうなマシン。こんなもので本当にプログラムが組めるのでしょうか。

――と、過去のパソコン話で盛り上がってしまいましたが、これから買うパソコンの話、結局どうなってしまったんでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。