プログラミングを巡るやっかいな夫婦喧嘩

お互いに「こだわり」が違う!

ぼへちゃん、いつものようにカチャカチャとプログラミングをしています。隣には、だんな君。どうもプログラミングのやり方をめぐって意見が食い違っているようです。

同じ機能を作るにしても、その作り方は1つではありません。いろいろな方法があります。ある方法では長くて読みづらいプログラムになっても、別の方法では短くて読みやすいプログラムになったりします。

また、動作速度の遅いプログラムも、作り方の工夫次第で高速に動くプログラムに改善できます。経験の浅いプログラマーと熟練プログラマーの差が出る部分です。

ですが、経験のあるプログラマー同士でも作り方の意見の違いは出てきます。ぼへちゃんとだんな君のけんかの原因は、プログラムの拡張性のようです。

だんな君の主張する方法は、将来的に機能の追加がしやすくなる方法。でも、プログラムがちょっと複雑になります。対するぼへちゃんは、シンプルな実装を保ちたい派。機能追加の可能性が低い部分だから、わざわざ複雑にすることはない!という主張なのですが…。

でも、もしお客さんから機能追加を要求されたとき、その修正が大変になってしまいます。可能性がゼロではないなら、拡張性を考えた作りにしておいたほうが得策というだんな君の意見に軍配が上がりそうです。

プログラムの作り方1つで、何年後かの機能追加がスムーズにできたりできなかったりしてしまいます。最初の設計、将来的な機能拡張を考慮しておくことはとても大切です。

しかし、ぼへ家の夫婦げんかは、なんともロジカルなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。