プログラミングを巡るやっかいな夫婦喧嘩

お互いに「こだわり」が違う!

ぼへちゃん、いつものようにカチャカチャとプログラミングをしています。隣には、だんな君。どうもプログラミングのやり方をめぐって意見が食い違っているようです。

同じ機能を作るにしても、その作り方は1つではありません。いろいろな方法があります。ある方法では長くて読みづらいプログラムになっても、別の方法では短くて読みやすいプログラムになったりします。

また、動作速度の遅いプログラムも、作り方の工夫次第で高速に動くプログラムに改善できます。経験の浅いプログラマーと熟練プログラマーの差が出る部分です。

ですが、経験のあるプログラマー同士でも作り方の意見の違いは出てきます。ぼへちゃんとだんな君のけんかの原因は、プログラムの拡張性のようです。

だんな君の主張する方法は、将来的に機能の追加がしやすくなる方法。でも、プログラムがちょっと複雑になります。対するぼへちゃんは、シンプルな実装を保ちたい派。機能追加の可能性が低い部分だから、わざわざ複雑にすることはない!という主張なのですが…。

でも、もしお客さんから機能追加を要求されたとき、その修正が大変になってしまいます。可能性がゼロではないなら、拡張性を考えた作りにしておいたほうが得策というだんな君の意見に軍配が上がりそうです。

プログラムの作り方1つで、何年後かの機能追加がスムーズにできたりできなかったりしてしまいます。最初の設計、将来的な機能拡張を考慮しておくことはとても大切です。

しかし、ぼへ家の夫婦げんかは、なんともロジカルなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT