小泉元首相激白「総理よ、今、原発ゼロと言え」

福島事故で被曝した元米兵支援に立ち上がる

「原発ゼロ」を訴え続ける小泉純一郎元首相が、独占インタビューに応じた

小泉純一郎元首相が、福島の悲劇を繰り返してはならぬと「原発ゼロ」を訴え続けている。米海軍による東日本大震災被災者の救援活動「トモダチ作戦」で任務を遂行した米海軍の元兵士らが、原子力発電所事故で予期せぬ放射線被曝をしていることを知り、彼らの支援活動を開始した。小泉氏は何を目指しているのだろうか。本人を直撃した。

 

――脱原発を訴えている中、発起人となった「トモダチ作戦被害者支援基金」が7月5日に発足した。元米兵らの支援を始めた経緯は。

知人の紹介で知り合った日系4世のジャーナリスト、エィミー・ツジモトさんから、トモダチ作戦に従事した元米兵たちが、東京電力ホールディングスや福島の原発を製造した米GEなどを相手取って裁判を起こしていると聞いた。エィミーさんによれば、元兵士たちの多くは健康の悪化から除隊を余儀なくされ、収入もほとんどない。医療保険にも入れないという。

これは大変だと思っていたら、脱原発活動の盟友で城南信用金庫相談役の吉原毅さんから、米国にぜひ行ってほしい、と。それで5月中旬にカリフォルニア州サンディエゴを訪れた。そこで、10人の元兵士やその家族と会って、話を聞いたんだ。それが基金創設のきっかけになった。

元兵士の窮状を知る

――元兵士と面談して、わかったことは。

彼らの多くは20~30代で、もともとは頑健な兵士だった。それがトモダチ作戦の任務を終えて半年、1年経つうちに体調不良に苦しむようになった。鼻血が止まらない、肛門から出血する、体のあちこちが痛い、レントゲン撮影をしたら腫瘍ができていたといった具合だ。米国出発の前にエィミーさんから、トモダチ作戦の際に兵士たちが携帯電話で撮影した動画を見せてもらった。それで驚いた。

彼らは空母ロナルド・レーガンを本拠に被災者の救助を続けていた。そのときに原発がメルトダウンし、放射能の煙雲(プルーム)が福島沖に停泊していた空母に押し寄せた。兵士たちはそのことも知らず、防護服も着けずに活動していた。ヘリコプターによる救出活動から戻り、放射能測定器が設置されたセキュリティチェックを通ると、警報が鳴り続けた。それで初めて気づくんだ。俺たちは放射能の真っただ中にいるんじゃないかと。

次ページ空からの被曝だけではなかった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT