巷の「BABYMETAL論」は、ほぼ間違っている

この3人組は、なぜ世界で成功できたのか

YUI-MOAの振り付けは小柄な少女向けに作られており、あの激しいダンスパフォーマンスを成長後にも続けられるのか?といった具体的な心配事もファンの中にはあるという。

しかし、ライブでのパフォーマンスは、CDや音楽ファイル配信とは異なり、コピーが蔓延しにくいうえ、簡単に真似もできない。

B氏が話していたように「武道館ライブのときに、彼女たちを知っておきたかった」と思っても、もうそのライブに参加はできない。こうした参加型イベントで、強烈な存在感をグローバルで示しているBABYMETALは、今後しばらくは活動と成長をやめることはないだろう。

世界中どこの国でも日本語で歌う

「その日はいつか来るとは覚悟している」という3人だが、C氏は次のように話した。「世界中、どの国のフェスでも彼女たちは日本語で歌い、会場を沸かせている。日本語で会場を盛り上げられるワールドクラスの歌手がほかにいるだろうか? BABYMETALというプロジェクトが終わるときが来たら、SU-METALはトップクラスのバンドからボーカリストとしてのスカウトが来るはずだ」。

先日、米国でAlternative Press Music Awardsの授賞式が開催された。このときBABYMETALは惜しくも受賞を逃したのだが、授賞式イベントではBABYMETALとロブ・ハルフォード(“メタル”というスタイルの元祖を作ったと言われるJudas Priestのボーカリストで“メタルゴッド”の愛称で知られる)が共演。SU-METALと共にメタルの神がヒット曲を歌い、YUI-MOAの2人がミニギターを演奏するパフォーマンスを成功させて話題を呼んだ。

ライブでのパフォーマンスを人気の源泉とする彼女たちの進化には、まだまだ先の物語があるようだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。