アップル「減益決算」に秘められた再浮上の芽

実は安定的に伸びている事業がある!

iPhone SE、iPad Pro 9.7インチは、今回の決算で初めて組み込まれた新製品。決算分析としては「iPhoneの販売台数を下げ止まらせ、iPadからの収益を上向かせる効果があった」と評価できる。

アップルの今回の決算では、いくつかの変化を読み取れる。まず、iPhoneについては、販売台数を積み上げることに注力している一方で、iPadは少ない台数でより多くの収益を上げる、付加価値の高いモデルへの移行を進めている。

アップルの決算の中で、世界で2番目に重要な市場は中国だ。しかし中国市場では厳しい戦いが続いている。前年同期比で、米国市場の売上高はマイナス11%、欧州がマイナス7%、アジア太平洋地域がマイナス20%であるのに対し、中国市場ではマイナス33%と大幅な下落だった。

中国でのiPhone需要の減退が主な原因とみられている。そもそもの需要の停滞、競合する中国メーカーの成長と、iPhone 6の販売差し止めなど、さまざまな逆風が吹き荒れている環境だ。

市場は中国からインドへシフト

そんな中、アップルは、次なる市場としてインドへの期待を寄せている。
ティム・クックCEOはインドを訪れ、ナレンドラ・モディ首相と会談し、インドでのiPhone生産やApple Storeの進出、地図の研究開発拠点の設置、iOSアプリの開発センターの設置など、投資と市場への関与を強めてきた。

iPhoneのインド国内での販売台数は、9カ月過ぎた段階で、前年比51%増であると指摘し、その成果が出ていることを強調している。ちなみに、日本、ブラジル、ロシアでは前年同期比で2ケタ成長を記録しており、日本は23%の増加だった。

サービスからの収益の拡大についても、注目すべきだ。

次ページポケモンGOからの収入は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT