トランプ氏の自伝、実は偽りだらけだった

発売29年目にしてゴーストライターが告白

『トランプ自伝』のゴーストライターだったトニー・シュウォルツはトランプ氏は本に描かれている人物とはまるで異なると告白した(写真:Ian Thomas Jansen-Lonnquist / The New York Times)

ドナルド・トランプは、ベストセラーとなった『トランプ自伝(原題:The Art of the Deal)』をビジネスのバイブルであると常々自慢し、その本で描かれている鋭い交渉力を大統領職で生かすとしてきた。1987年に発表された同書では、トランプがニューヨークの不動産業界でトップに上り詰めていく様子が詳細に描かれている。この本が一助となって、トランプはリアリティテレビ番組でスターとなり、才能ある勝者のイメージを固めた。

だが、同書のゴーストライターであるトニー・シュウォルツは、『トランプ自伝』はある意味でフィクション作品だと言う。シュウォルツは1年半をかけてトランプにインタビューし、トランプのあとをついて回った。

シュウォルツはニューヨーカー誌7月25日号のインタビューで、トランプの世界で暮らして何を知ったか、公の場で初めて話をした。以下でその要旨を紹介する。

「実際よりも魅力的な人物に描いてしまった」と後悔

元雑誌記者であったシュウォルツは、おカネが必要だったのでゴーストライターの仕事を引き受けたと話す。彼がニューヨーカー誌のジェーン・メイヤーに語ったところによると、彼はトランプをできるかぎりポジティブに描いたという。本の売り上げを伸ばすためには、残酷な実業界の大物ではなく、共感を集められる人物のほうがいいだろうと思ったからだ。しかし、シュウォルツは、もう一度書き直せるならば本のタイトルは「反社会的行為者」となるだろうと言う。

次ページトランプがもし大統領になったら…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT