トランプ氏の自伝、実は偽りだらけだった

発売29年目にしてゴーストライターが告白

『トランプ自伝』のゴーストライターだったトニー・シュウォルツはトランプ氏は本に描かれている人物とはまるで異なると告白した(写真:Ian Thomas Jansen-Lonnquist / The New York Times)

ドナルド・トランプは、ベストセラーとなった『トランプ自伝(原題:The Art of the Deal)』をビジネスのバイブルであると常々自慢し、その本で描かれている鋭い交渉力を大統領職で生かすとしてきた。1987年に発表された同書では、トランプがニューヨークの不動産業界でトップに上り詰めていく様子が詳細に描かれている。この本が一助となって、トランプはリアリティテレビ番組でスターとなり、才能ある勝者のイメージを固めた。

だが、同書のゴーストライターであるトニー・シュウォルツは、『トランプ自伝』はある意味でフィクション作品だと言う。シュウォルツは1年半をかけてトランプにインタビューし、トランプのあとをついて回った。

シュウォルツはニューヨーカー誌7月25日号のインタビューで、トランプの世界で暮らして何を知ったか、公の場で初めて話をした。以下でその要旨を紹介する。

「実際よりも魅力的な人物に描いてしまった」と後悔

元雑誌記者であったシュウォルツは、おカネが必要だったのでゴーストライターの仕事を引き受けたと話す。彼がニューヨーカー誌のジェーン・メイヤーに語ったところによると、彼はトランプをできるかぎりポジティブに描いたという。本の売り上げを伸ばすためには、残酷な実業界の大物ではなく、共感を集められる人物のほうがいいだろうと思ったからだ。しかし、シュウォルツは、もう一度書き直せるならば本のタイトルは「反社会的行為者」となるだろうと言う。

次ページトランプがもし大統領になったら…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。