プロ直伝、宅飲み用「安うまワイン」の選抜術

コンビニ&スーパーで「絶対ハズさない」1本

できれば餅は餅屋……ではなく、酒は酒屋で買ってほしいのですが、そう言っていられないときもありますよね。近くに品ぞろえが豊富なお店はないけれど、どうしてもおいしいお酒を飲みたい。買い物ついでに、お酒も買って帰りたい――。

しかし正直、スーパーやコンビニでおいしいお酒を買うのは難しく、「最低限、ハズさないために知っているワインを選ぶ」という、かなり後ろ向きな選び方になってしまうことを先にお伝えしておきましょう。

そのなかでも代表的なのが、自転車のイラストがボイントの王道「コノスル(Cono Sur)」。一口にコノスルと言っても、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローからビオまで、赤白幅広いラインナッブがそろっていて、「選ぶ楽しみ」も提供してくれるんですね。数ある安うまワインのなかで、頭ひとつ飛び出るのがこの銘柄です。

赤ワインを選ぶときは、「迷ったらチリ産」

画像を拡大
「コノスル」(左上)、「ジェイコブス・クリーク」(右上)、「サングレ・デ・トロ」(左下)、「カッシェロ・デル・ディアブロ」(右下)

また、スパークリングワインの「フレシネ(Freixenet)」もときどき見かけますが、これは「カヴァ」。スーパーに置いてあるスパークリングワインでこれ以上のものはないでしょう。

ものすごくおいしい、というわけではありませんが、どこにでも置いてある安うまワインとしてオーストラリアの大衆ワイン「ジェイコブス・クリーク(Jacob's Creek)」もオススメです。また、スペインの「サングレ・デ・トロ(SANGRE DE TORO)」、チリ「カッシェロ・デル・ディアブロ(Casillero del Diablo)」なども手に入りやすく、いいですね!

赤ワインを選ぶなら「迷ったらチリ産」でいきましょう。コスパのいいものに出会いやすいはずです。

次ページ人気者になれる「持ち寄りおつまみ」はコレ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。