外資が日本国債で「荒稼ぎ」をできているワケ

「日銀が高値で買い上げる安全資産」が人気化

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの推計によると、2015年度の大手行の外貨調達平均残高(海外現地法人含む)はCD、CPによるものが前期比5.5兆円減だったのに対し、外貨建て預金が同8.4兆円増、通貨スワップが同5.8兆円増だった。

ところが、冒頭で触れたように、通貨スワップによるドル調達コストは上昇の一途。顕著な上昇がこのまま続けば、邦銀の収益にも大きな足かせとなり、一般企業や家計にも負担の及ぶ可能性がある。

 

「円」ではなく「日本国債」が海外資金を呼び込み

邦銀が国債を買えない状況にある一方で、外国人の日本国債購入が拡大している。2015年7~9月期以降、4四半期連続で6兆~7兆円の大幅な買い越しとなっている。

主な買い手はヘッジファンドだ。異次元緩和を続ける日銀が“高値”で買い上げてくれるから、債券価格は大幅に上昇している(=利回りは大幅に低下)。異常な価格形成となっているのだ。

加えて、日米の金利差が2015年末から1%ポイント前後に拡大したため、中期通貨スワップによってもサヤを抜くことができる。

当記事は「週刊東洋経済」7月23日号 <16日発売>からの転載記事です

「結果として、外資やファンドに儲ける場を提供している。“円”ではなく日本国債こそ、日銀が高値で買い取ってくれる安全資産と認識され、海外資金を呼び込み、金利を押し下げ、円高を招いているのではないか」(廉氏)

量的緩和もいずれは限界を迎えるが、出口を探れば長期金利急騰につながる。異次元緩和の落としどころは一層見いだしにくくなっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT