どうする?オフィス・バレンタイン戦争

「義理チョコ」だからってバカにできない

では、どんな男性上司がバレンタインに人気なのでしょうか。

A子「課長って普段から自分のことを気に留めて声をかけてくれるの」
 B美「わかる!前向きで仕事もすごく頑張ってるよね!」
 A子「そう、ありがとう、って喜んでくれるね!」
 B美「こっちまでうれしくなるよね?」
 A子「困っているときにいつも助けてくれる課長には、ありがとうの感謝の気持ちを込めて」
 B美「これからも頑張ってください、と応援の気持ちも込めて」
 A子「そして、これからもよろしくお願いします、の気持ちを込めて」
 A子&B美「チョコレートをあげたいと思います!」

このように、日頃から部下に積極的に声をかけ、「いつもあなたの事を気に留めていますよ」ということを伝え、信頼関係を築いている。部下の成長を温かく見守ってくれているような上司は、当然、部下から慕われます。

ささいな一言がチームを変える

以前から書かせていただいていますが、このように「上司が気にかけてくれている」と思わせることで、部下は不安を感じずに仕事ができ、また報告や相談もされやすい雰囲気ができてきます。さらには仕事に対する意欲向上や退職防止の効果も期待できるのです。

バレンタインデーがあるからといって「毒づいたり」「優しくなったり」と急に態度を変化させるのではなく、「日頃から思いやりと気遣いがある男性上司でいましょう」ということみたいです。

でもこれってよく考えると「女性から好かれる男性」ひいては「異性からも同性からも好かれる、人間として大きいと評価される人」ということになるのではないでしょうか。

もちろん私自身も、そんな人になることを目指しています。
一緒にすてきなチーム作りをしていきましょう!

では最後に男性の皆さんに、とっておきの情報を!
私が主宰する営業部女子課で行った“バレンタイン・チョコレートアンケート”140人の結果によると……

なんと「あげない」がトップで3割超えでした!

……お気の毒様でございます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT