米一流大留学がこうも「人気薄」になった理由

いつの間にか日本人の存在感はどんどん縮小

まず、グローバルなビジネスに直接生かせる知識・スキルが身につく土壌があることだ。実際にグローバルビジネス経験の豊富な教授が多く、ケーススタディもリアル。効率主義、成果主義など、現地のビジネスカルチャーの違いを肌で感じ、染みこませることができるのは大きい。

アジア各国ほど日本人同士のコミュニティが強くない傾向にあるため、24時間英語を使う環境に置かれるという魅力もある。多民族国家のため、当然、英語での対応力が格段に向上する。

トライしやすい壁が増えた時代の、相変わらず高い壁

留学生同士や現地のビジネスパーソンとのネットワーキングイベントでの交流も盛んだ。外資系企業(特に米系)への就職、転職を第一の目標に掲げるなら、一定の効果があると言えるだろう。

また、意外かもしれないが、アメリカは大学の選択肢も幅広い。(ともすると「弱み」になりかねないが)はっきり言って教育環境の劣悪なところから、世界最高レベルまで幅広い。

もちろん、アメリカに固執する必要はない。留学も目的に合わせて選べる時代だ。どんな場所でも、壁にブチ当たることで経験値やストレス耐性が上がったり、国際社会で必要なタフさが身につく。海外留学の経験者はみんな心当たりがあると思うが、語学力や専門性以外にも留学を通じて学べることは多いのである。

米国非営利教育財団SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション日本事務局の須川健太郎氏は「アメリカにおいて、日本人留学生は総じて勤勉、実直な学習姿勢から歓迎されている。一方、語学のハードルから授業参加貢献が弱い点は言われることもある」と話す。日本人にとって「高い壁」であり続けるアメリカ留学。よりトライしやすい壁が増えてきた今こそ、挑む価値が増大しているのではないだろうか。

留学ソムリエの詳細はホームページ、またはフェイスブックをご覧ください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT