日本勢のアフリカ進出 テロ発生で見直しも!?

在アフリカの日系現地法人一覧

北アフリカでは、モロッコは安全のようだが、日系企業も多いエジプトではシナイ半島で2番目に危険とされる「渡航の延期をお勧めします」がついた。チュニジアで「渡航の是非を検討してください」だった。

さらに赤道近くをみれば、セネガルのカザマンス地方で「渡航の延期をお勧めします」。リベリアでは、コートジボワールとの国境付近などで「渡航の是非を検討してください」。そのコートジボワールには三井海洋開発があるようだが、「退避を勧告します。渡航は延期してください」がついた。人口が多く、石油資源が豊富なナイジェリアには総合商社の出資企業がずらり。ホンダ系の二輪車現法もあるが、カノ州、ボルノ集、カドゥナ州などで2番目に厳しい「渡航の延期をお勧めします」がついている。 

退避勧告あるケニアで商社そろう

YKK、豊田通商、日産自動車が現地法人を置き、総合商社のオフィスも多いケニアは、北東部州のソマリアとの国境付近中心に最も厳しい「退避を勧告します。渡航は延期してください」が出ている。ただ、ケニアには丸紅や日本工営で日本側派遣者も2名ずつ確認されたほかに、商社では伊藤忠商事、住友商事などもオフィスを置いているようだ。

ブルンジとの国境付近で渡航延期が推奨されるタンザニアにもパナソニックやGSユアサ、住友化学の製造現法が展開する。

次ページ日系が集中する南アフリカ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT