中東和平を目指したオバマはどこへ行った

世界平和と中東攻撃、際立つその矛盾

米国大統領選が大詰めを迎える中、バラク・オバマ大統領の矛盾が際立ってきた。

「米国とアラブ諸国の新しい始まり」と訴えた2009年のカイロでの演説は、オバマ大統領による、アルカイダに対する無数の無人偵察機での攻撃やオサマ・ビンラディンの殺害など一連の“テロリスト退治劇”によって影が薄くなりつつある。

米国の安全を守るのに必要なことをしているとオバマ大統領は考えている。が、カイロ演説を行った頃には理解していたはずの、米国の安全保障に関する本来の目的については忘れてしまったようだ。となれば、今後はアラブ諸国がオバマ大統領に責任を問うしかないだろう。

シリアについてもそうだ。同国で起きているサウジアラビアとイランによる代理戦争や、セクト主義の台頭、民族的分裂、周辺諸国の不安定化、テロ組織の侵入……すべて予想されていたことだが、今となってはこれを是正するのに何十年もの時を要する。シリアの反体制派は、自らの土地や人々を守り、政府軍への抵抗を続けるため、武器を必要としている。

次ページシリア人無視の米国による選択
関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。