中東和平を目指したオバマはどこへ行った

世界平和と中東攻撃、際立つその矛盾

米国大統領選が大詰めを迎える中、バラク・オバマ大統領の矛盾が際立ってきた。

「米国とアラブ諸国の新しい始まり」と訴えた2009年のカイロでの演説は、オバマ大統領による、アルカイダに対する無数の無人偵察機での攻撃やオサマ・ビンラディンの殺害など一連の“テロリスト退治劇”によって影が薄くなりつつある。

米国の安全を守るのに必要なことをしているとオバマ大統領は考えている。が、カイロ演説を行った頃には理解していたはずの、米国の安全保障に関する本来の目的については忘れてしまったようだ。となれば、今後はアラブ諸国がオバマ大統領に責任を問うしかないだろう。

シリアについてもそうだ。同国で起きているサウジアラビアとイランによる代理戦争や、セクト主義の台頭、民族的分裂、周辺諸国の不安定化、テロ組織の侵入……すべて予想されていたことだが、今となってはこれを是正するのに何十年もの時を要する。シリアの反体制派は、自らの土地や人々を守り、政府軍への抵抗を続けるため、武器を必要としている。

次ページシリア人無視の米国による選択
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。