「部下をできる人に演出する」と仕事は回り出す

部の成果が上がり、部下にも慕われる!

◆いつも幸せそうにする

幸せそうにしている上司と深刻そうにしている上司とでは、あなたならどちらの部下になりたいですか? ほとんどの人にとっては、幸せそうにしている上司の方がいいはずです。だからこそ、まず今のあなたを幸せに「見せる」ようにしましょう。

そのためには、自分で自分にオーケーを出すことです。あなたのすべてがオーケーです。すべてはここから始まります。あなたのすべてが世界に受け入れられているとイメージしてください。あなたは幸せな上司です。

それでは、この「幸せ」という感覚を部下に向かって表現してください――。

あなたならどう表現しますか? 「私は幸せだ!」と叫びますか? それはそれで効果的かもしれませんが、それだけでは不十分です。

あなたの幸せの表現は仕事の中で行いましょう。幸せだからこそ、仕事に情熱を向けることができます。幸せだからこそ、自分の成長を望むことができます。あなたが幸せであれば、もう他人と比べる必要もありません。

あなたが乗り越えるべきものは、他人ではなく、今のあなた自身です。あなたが成長する姿を見せれば、感銘を受けない部下はいません。成長しない上司は、部下にとって魅力的にはうつりません。

その仕事が部下にとってどんなメリットがあるかを示す

最後は、「その仕事が部下にとってどんなメリットがあるかを示す」についてです。

あなたには部下に任せている仕事がありますね。その仕事がなぜ必要なのかをしっかりと部下に伝えていますか? 部下に仕事を任せるならば、必ず仕事の全体像も一緒に伝えます。

そして、ここからが一番大切なポイントです。それは、この仕事をすることで、その部下にどんなメリットがあるのかを教えること。

「この仕事をすることで、××の能力が伸びていきます」

「この仕事を達成すれば、社内で××と評価されます」

部下のどの能力が伸びるのか、部下の将来にどのように役立つのかをしっかりと伝えるようにします。すると、部下は本気で動き始めるものです。

そして、さらに一歩踏み込んで、やるべきことを部下の口から言わせるようにします。人は他人に言われたことはなかなか実行できませんが、自分で口にしたことは、受け入れやすいからです。

「それでは、やるべきことを繰り返してみて?」

もし言えなかったとしても、「これとこれだよね。もう一度言ってみて?」と、必ず部下の口から言わせるようにします。

コーチングやカウンセリングがビジネスの場で効果的なのは、相手の口から言わせるからです。相手の話を「聞く」からではありません。相手に「言わせる」から効果があるのです。必ず部下の口から言わせるようにしましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT