「部下をできる人に演出する」と仕事は回り出す

部の成果が上がり、部下にも慕われる!

ところが、本当に有能な上司はそれほど多くはいません。それでも、うまくやっている上司が多いのは、有能に見えるように演じているからです。演じれば、本当の実力以上に「できる」と見せられるからです。

有能に見える上司の特徴3つ

それでは、どのような上司が有能に見えるのでしょうか。

・誰に対しても態度を変えず、部下の味方をする
・優しいだけではなく、厳しい意見を言う
・いつも幸せそうにする

 

◆誰に対しても態度を変えず、部下の味方をする

誰に対しても態度を変えないことは、周囲には「自信」として伝わります。自信があるから、堂々としていられるのだと見えるのです。そして、態度を変えないことで、周囲からの信頼も集まってきます。

万が一、あなたの上司と部下の間で誤解が生じたとしたら……。そんなときは、必ず部下の味方をしましょう。間違っても上司の味方をしてはいけません。そのようなことをすれば、間違いなく部下からの信頼を失ってしまいます。逆に、上司の味方をしても、上司の目からは「小者」に映るだけ。部下を守ることで、部下からの信頼も得られ、上司からの信頼も獲得できるのです。

◆優しいだけでなく、厳しい意見を言う

部下に優しく寄り添い、丁寧に指導することは大切です。でも、ただ優しいだけではいけません。ときには、厳しい意見を言うことで、さらに信頼を高めます。

もちろん部下を褒めることは大切です。でも、仮に5つ褒めたら、1つは厳しい意見を言いましょう。

「確かに××はすばらしい。でも△△することも大切じゃないかな」
「××は確かに十分だと思う。さらに上を目指して△△をするべきじゃないかな」

部下を褒めるだけで、よい上司になったつもりになってはいけません。褒めるだけで終われば、単なる「いい人」です。でも厳しい一言を添えられれば、「できる上司」に変わります。部下をさらに伸ばすための言葉だからです。

次ページ幸せに「見せる」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT